とっておきのお店を紹介しよう

オオゼキnoteの奇跡と軌跡〜明日、今日よりももっとオオゼキが好きになる〜

夏休みも後半戦に差し掛かる8月中旬となりました。みなさま、いかがお過ごしですか。こんにちは、まつしまです。

以前、noteを通じて告知させていただきました【オオゼキイベント〜オオゼキからの贈り物8.25〜】も間近に迫って参りました。そこで、これまでにオオゼキに関するnoteを多数の方が投稿してくださっていたので(ありがとうございます)(立場)、本noteで改めてまとめさせて頂きたいと思っておりま

もっとみる

日本で一台しかないエスプレッソマシーンがあるお店coffee works plus(滋賀県高島市)

仕事帰りに一杯飲むサラリーマンのおじ様の心境に恐らく似たものかもしれない。

あー、今日は一杯やりたい!そう思い立ち、
コーヒーが美味しいと巷で噂のあのお店、
週末の仕事帰りに、ふらりと立ち寄る。


入った瞬間から店内を巡らせている
珈琲の香り。


この香りに燻(いぶ)されて死ねるなら
本望だわ。

うっとりしながらカウンターの奥に席をつく。

6席のカウンターには
手前がサラリーマン

もっとみる

お鍋の美味しい季節なので、下町とっておきお鍋レポート始めようと思います

ただいま那覇出張中のため、浅草界隈の情報を集めることもできず今後の記事予定について考えようと思いますーw

只今25℃の那覇にいるので、まったく欲しくないですが・・・

いやー、ぼちぼちお鍋の美味しい季節ですね!!

今年の冬に皆さんが少しでも美味しい思いができるように、これから私めが下町のとっておきお鍋たちをレポートしたいと思ってます!
※歌舞伎町のオナベじゃないですよ・・・

もちろん、私めが

もっとみる

とっておきのお店を紹介しよう②

①が現役の「とっておきのお店」だったので、次は閉店してしまって今はなき「とっておきのお店」を紹介しよう。こうして交互に紹介するのがいいかもしれない。

稲毛海岸にあった自然食バイキングの店「四季こよみ」

 もとは「四季の散歩道」という、やはり自然食バイキングの店だった。
 私はその「四季の散歩道」の頃から通っていたのだが、これは熊本にある「ティア」という自然食バイキングの系列店で、その後、ティア

もっとみる

とっておきのお店を紹介しよう①

少し前のつぶやきで、もう閉店してしまった「とっておきのお店」は羅列したのだが……。

 現役の「とっておきのお店」も書いてみることにした。
 知られて混んじゃうとやだな、とは思うけれど、これを読んでわざわざ遠くから来る──って感じのお店は紹介しないので大丈夫。あるいは、元から有名すぎてどのみち並ぶ店も紹介するかも。
 というわけで、一店目は……。

ペリエ稲毛のキーコーヒー直営店ショップ
 稲毛駅

もっとみる

とっておきのお店を紹介しよう。こればかりは出来ない。並ぶような店になっては困るのだ。身近な人にだけ教えるからとっておきなのだ。

とっておきのお店……。いくつもあったんだけど、みんな閉店したり移転したりして、なくなっちゃうんだよね。好きな店、美味しい店、美味しいけどあんまり通えない店、よく行く普通の店なんてのはあるけど、「とっておき」というレベルの店は本当に少なくなってしまった。
コメントに続きます。

いわしくらぶ東京店って、どんなカフェ?

こんにちは、いわしくらぶ代表の磯川大地(@isokawadaichi)の似顔絵です。

いわしくらぶはいわし料理の専門店…ではありません。はい。

シーシャ(水たばこ)専門のカフェです。

現在は北海道北見市、東京都水道橋、富山県八尾町に店舗があり、それぞれでシーシャを提供しています。

今日はそのなかでも東京都水道橋にある「Book&Shisha いわしくらぶ東京店」の3つの特徴についてお話しし

もっとみる

とっておきは、紹介しないからとっておきなんだ。