めんどくさがりぃ

大好きな夏の方へ

大好きな夏が、そこらへんに落ちてる。

今朝も見かけたけど、今自分の手元にない、夏。

よく晴れたクッキリ境界線の明確な感じの青と白の空があって、木々があって蝉が鳴いている。

人はあんまり、いない。

たまに走る車の音以外は蝉の声しか聞こえなくて、暑いんだけど風を受けていてこれ以上ないくらい爽やかな、夏。

ぼくはそんな夏が欲しい。

そんなことを書いてると、自分が作家か何かになった気分になって

もっとみる