ウィムクロウエル

ggg企画展「ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて」

オランダのグラフィックデザイナー、ウィム・クロウエルの日本初の展覧会である「ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて」を観てきました。

ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて
2018年05月14日(月)~06月23日(土)
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000726
画像はこちらから引用し

もっとみる

ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて

gggで行われている企画展に行ってきました。
ウィム・クロウエルは展示デザインからスタートし、日本でも大阪万博の際のオランダ館の空間デザイン、リーフレットなどを制作しています。美術館関係の仕事が多いです。

本展はオランダのグラフィックデザイナー、ウィム・クロウエルの業績の全容を伝える日本初の展覧会です。(中略)クロウエルの全業績を顧みると、理論と手法に前例のない次元の詩情と美学を統合させつつ、半

もっとみる

グリッドデザインに魅せられて

gggで開催されていた企画展を見に行ってきました!
内容は「ウィム・クロウエルのグリッドに魅せられて」

展示の内容は美術展のポスターやリーフレットから始まり、タイポグラフィや空間のサインデザインにいたるまで、いかにグリッドを利用しデザインしているのか、その作品とプロセスを見ることができました。グリッドシステムを使用したデザインって、システマチックにデザインを構成できる反面、動きやリズムを作りづら

もっとみる

ウィム・クロウエル 「グリッドに魅せられて」展 を観て

概要

5/31(木)、gggにて開催のウィム・クロウエルの展覧会を20分間だけ訪問したので所感メモ。
ウィム・クロウエルについて、および展覧会の詳細情報は以下。

オランダのグラフィックデザイナー、ウィム・クロウエル(1928-)の、グリッドを活用したシステマティックなグラフィック展開が楽しめる展覧会。
もちろんグリッドシステムのアプローチも素晴らしかったが、構成された平面の「ランダム性」に着目

もっとみる