ggg

TDC 2019

TDC 2019
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
2019年04月03日(水)~04月27日(土)
東京タイプディレクターズクラブが主催する国際アニュアルコンペティション「東京TDC賞2019」の成果をご覧いただく本展では、グランプリをはじめ受賞10作品やノミネート作品など、タイポグラフィを軸にしたグラフィックデザインの優秀作品150点あまりを展覧いたします。

先日行った記録。今日ま

もっとみる

東京アート探訪

かつて銀座にSONYビルというのがあって、その跡地でアートブックフェアをやっているというので時間の合間に行ってきた。その名も「TOKYO ART BOOK FAIR Ginza Edition」。展覧会も同時開催していて、ウロウロウロウロしてしまうイベント。会場横には噂の「THE CONVENI」もあって、さらにウロウロ。台湾のあのアーティストの作品も印刷物で販売されていたりして、かなり楽しい。

もっとみる

続々展メモ

note83にちめ。お休みモード。

昨年末に行った、続々展のメモを遅ればせながら。こちらはとてもおもしろくて、先月にもほんの30分だけれど再訪しました。

理科のふしぎやわくわくを思い出させる。

よく観察すると、こんなにも世界はひらける。“人は見ようとしたものしか見えない”の言葉どおりか。

もっとみる

封印から目が覚めて

横尾忠則 幻花幻想幻画譚に行ってきました。
インスタで流れてきた奇妙な画に惹かれて、近くにいったついでに寄ってみたのだけど、思ったよりも満足感のある展示だった。。見終わった頃にはちょっとした疲労感があった。

横尾さんのことは全然知らなかったんだけど、その存在が世の明るみに出たのも実は3年前だったらしい。展示の概要文でも「40年間の封印から解き放たれた原画たち」と表現しているけど、まさに"封印"と

もっとみる

ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて

gggで行われている企画展に行ってきました。
ウィム・クロウエルは展示デザインからスタートし、日本でも大阪万博の際のオランダ館の空間デザイン、リーフレットなどを制作しています。美術館関係の仕事が多いです。

本展はオランダのグラフィックデザイナー、ウィム・クロウエルの業績の全容を伝える日本初の展覧会です。(中略)クロウエルの全業績を顧みると、理論と手法に前例のない次元の詩情と美学を統合させつつ、半

もっとみる