ここまでキャッシュレス(ご祝儀編)

最近は日本でもキャッシュレスが盛り上がってきていて支払い方法もクレジットカードだけではなく沢山の方法が出て来ました。
北欧では殆どがキャッシュレスで、旅行でキャッシュを使用したのはコインロッカーだけでした。

日本はキャッシュレスが他国に比べるとまだまだ進んでいなく、クレジットカード派の私としてはもっとキャッシュレスが進んでほしいと思っています。

でもこれはキャッシュレスは... と思うものがひ

もっとみる

決済金額の2%が常時還元されるKyash(キャッシュ)を利用していたらちゃんとキャッシュバックされるのか?

キャッシュレス決済が進み、どんどん新しいサービスが誕生しています。

人によっては、お札や小銭などは必要最低限持ち歩き
基本はクレジットカードやスマホ決済アプリを使用する人も
徐々に増えているのではないでしょうか?

実際にキャッシュバックされるの?

では実際にキャッバックされるのかを
書きましたので興味がある方はご覧ください。

もっとみる

前向きなリスクヘッジで自分を追い込まずに楽しく暮らす術 ~家計編~

半農半ライターのミヅキサオリです。

人には大きく分けて2タイプあると思うんです。

ひとつは、自分を追い込み、鼓舞して頑張るタイプ。
もうひとつは、自分に甘く、できるだけお気楽に生きるタイプ。

わたしは後者。

これは、MかSかの違い、ともいえます。

マゾの人は、「辛く苦しいけど頑張ってる自分」が好きらしい。

一方、ドエスのわたしは、いつも自分が優位な位置で主導権をにぎって、自分の人生をコ

もっとみる

キャッシュレス

自分の周囲の人間は1/4程がキャッシュレスで生活している。
財布を持ち歩かないことで、紛失するリスクヘッジ、ポイントが付く、支払いがスムーズなど、利便性が高くメリットの方が大きく見える。
東京では、ほとんど電子決済に対応していると思っていたが、たまにカフェやタクシーなどで現金のみも少なからず見かける。
何故対応しないのか、疑問に思ったので考えてみた。

1,日本文化との結びつきがあるから。
結婚

もっとみる

DMM.comが70億円買収のBANKを1年で「手放した」理由を考える

#COMEMO

日本経済新聞朝刊では、2019年03月19日(火)から、「打倒メルカリ」と題し、メルカリ新経済圏構築により予想以上の打撃を被った競合他社や、予想に反し影響が少ない競合、或いは、反撃の狼煙を挙げる競合などの現状についての興味深い内容の記事が連載されていました。

打倒メルカリ(1)背水の中古売買、反撃へ:

( https://www.nikkei.com/article/DGKK

もっとみる

平成から令和へ(キャッシュメモリ編)

目が覚めたら 4月28日日曜日のお昼。
本当は朝から 打ち合わせがあったので出かけているはずの時間。
わたしはまだベッドにいる。
記憶が曖昧で、いや違う、記憶がなくて
前の日に何があったのか
その日に何があったのか
わからない。

今日は何日か、聞いてみた。
4月28日。

あれ?なんかおかしい。
ゴールデンウィークの日付だけど、そうだっけ?
わからない。
そして、ここはどこなのか。

なんと、自

もっとみる

配当生活!毎月10%の福利で収入アップ

約27万の投資で毎月10%配当!
35000ドル
一口
500ドル 51000円
1000ドル 110000円
1000ドル 110000円

毎月3万配当

毎月10%の配当が貰える特別なスキルも必要とせず
500ドルから約55000円から参加でき毎月5500円の配当以上あります!

まずはお試しで
いつでも引き出し可能!

余裕のある方は
wotokenもお勧めします!
1000ドル約1100

もっとみる

キャッシュレス後進国ドイツ

先日、カナダから引っ越してきた友人が言ったひと言。

「私、現金を持つ習慣をつけないと…」

キャッシュレス先進国からやってきた彼女は、ドイツでの支払い時において現金を持参していなかったために困ったことが多かったのだ。
時代の流れに逆らっているようなひと言だが、そう、ここドイツは日本同様、いまだに現金大好き国である。

野村総合研究所のキャッシュレス化推進に向けた国内外の現状認識内、諸外国における

もっとみる

【時事】QRコード決済は普及するのか? 政府がキャッシュレス化を進める理由

「100億バラマキ!話題のペイペイ(PayPay)」が世の中を席巻しました。

今回は、そのキャンペーンを行った「PayPay」社は、いったい何を目指しているのか?
なぜキャッシュレス決済が必要なのか?ということについて記載していきます。

―――――――――――――――――――

<現金社会の弊害。銀行は莫大なATM維持費用を削減したい>

「現金で困っていないのですが…」
大半の日本国民は、そ

もっとみる

「スナックかすがい」第三夜ゲスト紹介〜株式会社バンクCEO 光本勇介さん

Text by スナックかすがいマスター 春日井豆彦 | Mamehiko Kasugai

「連続起業家」、「風雲児」、「天才」、「70億円男」…。今はこんな言葉で彩られる光本さんと僕が初めて出会ったのは、確か2005年くらいだったと思う。
今も恵比寿にある「オグルヴィ&メイザー」という、アメリカの広告会社の日本法人に新卒で入社した光本さんは、そのベビーフェイスも手伝って、みんなから「みっちゃん

もっとみる