チーム開発

心得14 プレーヤーとしての実務経験が豊富であっても、「管理職としては素人」という自覚を持つ

多くの管理職は、これまで遂行してきた専門分野の業務で実績を上げ、それが認められた結果として管理職となっている人が大半ではないでしょうか? もちろん例外はあるかもしれませんが、大抵は営業部門であれば営業部門の管理職へ、開発部門であれば開発部門の課長職へと、まずは昇進するのが一般的です。
 一般的に業務のパフォーマンスを見る上で簡単に、次の3つのレベルに分けることができます。

・基礎的な知識を習得し

もっとみる

心得07 肯定的な意味を引き出し、プラスの意味付けをする

物事は一面だけでは判断できません。見方によっては様々な意味が含まれているからです。物事は、受け取る人によって肯定的(ポジティブ)な面にも、否定的(ネガティブ)な面にも捉えることができます。

 たとえば、「勉強」について考えてみましょう。ネガティブな面を捉えるなら、勉強は面倒くさいもの、退屈なもの、難しいものです。一方、ポジティブに考えれば、好奇心が刺激される、おもしろい、成長に必要なもの、と捉え

もっとみる

どういう人と一緒に仕事したいですか?

どういう人と仕事したいのか、ということ。
どのように仕事をしてほしいのか。

開発のスキル面についてはまた後日書くことにして、マインドとか仕事へのスタンスとして求めるもの、みたいな部分ですね。

すごく広いテーマな気もしますが、これは今回を含めいろんな観点で書いていくとして、今回は第一弾。

■ 一緒に仕事をしたい人

「どういう人と一緒に仕事をしたいですか?」

この質問に対して、ぱっと浮かんで

もっとみる

モブって最高の開発方法やん。めっちゃ楽しいやん!

この記事では現在私が所属するチームで行っているモブでの開発の形をお伝えし、個人開発時代に存在していた課題、そして現在に至るまでのプロセスでどのように課題を解決できたかをお伝えできればと思います。
関西ではスクラムやモブを実施している事例をあまり見ないので、これから取り組もうとしている関西圏の良いベンチマークになればとも思います。

私は RiseUP の モアコンチームでエンジニアをしている上園と

もっとみる

心得02 リーダーシップとは、自らも燃えて部下の心に火をつけること

前述したジョン・P・コッター博士のリーダーシップ論では、簡潔に言うと「ビジョンを掲げ、いかに人々の心に火をつけるか」がリーダーシップであると述べられていますが、これまでも古今東西、世界中の研究者や企業のトップが、様々なリーダー論、リーダーシップ論を述べています。
 たとえば、松下幸之助は著書『指導者の条件』(PHP研究所)の中で、日本史上の名君や古代中国の思想家、近代の世界の政治・経済のトップリー

もっとみる

数値から振り返る開発スピード💨

ハンズシェアは7月から8期目に入りました🎉
7期4Qの開発部を振り返ります。

先日書いた創業からの振り返りはこちら

振り返りスタート🔥

リリース回数

ツクリンクの機能、修正をリリースした回数
・3Q:34 回
・4Q:44 回

前クォーターに比べ、1.3倍になりました👏

リリース回数が増えた要因
・CIの改善
・テストの改善・拡充
・ふりかえりによる開発体制そのものの改善

具体

もっとみる
はい!スキいただきました〜〜〜!!❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️
14

序章 全員活躍チームにおけるリーダーの〝在り方〟

◆チームが成果を上げ続けられるかどうかはリーダーの〝在り方〟次第

 私の仕事の中心はチーム開発です。簡潔に言うと、職場のチームに入り、ベクトルを合わせ、協力・連携体制を促進しながら、より効果的、かつ効率的に成長と成果を手に入れ、人が活きるチームになるよう支援を行うことです。
 目指すは「全員活躍チーム」。一人ひとりが個性を輝かせ、希望と成長を感じ、お互いに感謝・信頼・尊敬で結ばれ、成果を作り続け

もっとみる

社内でユーザビリティテストを行いました

こんにちは、レタスです。
今回は、先日社内で行なったユーザビリティテストについて書きたいと思います。
去る2018年1月、弊社では一度、株式会社ISAOさんに依頼をして「デザインスプリント」のワークショップを開催したことがあります。その際に「検証」プロセスとして学んだユーザーテスト。
これまでなかなかその経験を活かせずにいたのですが、実際に担当プロダクトで導入できるタイミングがきたので、ここぞとば

もっとみる

はじめに

本書は、リーダーシップのテクニックなどを述べた、いわゆるノウハウ本ではありません。
管理職やリーダーに必要な〝在り方〟という、リーダーにとっては終わりなき探求テーマを扱っています。
そうした意味で本書は「探求本」と言えるものです。

 思えば私のリーダーシップ探求の旅の始まりは、今から30年以上も前の大学生時代に遡ります。
当時私は部活の主将(キャプテン)を拝命し、学生の部活とはいえ60人ものメン

もっとみる

フリーランスエンジニアを目指してプログラミングスクール「TECH:EXPERT」に通ってみた(最終課題編)(9日目〜19日目)

こんにちは、かとたくです。

今回も最終課題の「メルカリ」のコピーサイトの作成をやっていきます!
元号が変わりましたが、相変わらずやることは変わらないのでひたすら作業します。

開発メンバーが2人しかいませんができるところまで精一杯頑張りますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

令和初日となった5/1にやったことは以下の通り。

・ログイン画面の設計

今までdeviseというGemでロ

もっとみる