データドリブン

思考実験のススメ その1

弊社の社内でこんな話をした。

●顧客、見込客、ターゲット生活者のオンライン行動データとか、アンケート調査データを分析するだけだと、今(現行)の消費者の心理や行動はわかるけど、未来の行動やこれから欲しくなるもの(Wants)はわからない。

●世の中のデータ志向=データ依存(?!)が行き過ぎたため、
分析で言えることだけしか言わない人が増えた。
⇒市場の今後や生活者の今後への想像力=クリエイティブ

もっとみる

食品スーパー「サミット」を復活させたマーケティング改革、記者会見での男泣きの理由とは?

かつて、スーパーでは当日売れ残りの生前食品を翌日付けとウソをつき、梱包し直すリパックという行為が当たり前に行われていたそうです。こんなことがまかり通っていたかと思うと、ゾっとしますよね。。。

社会派映画「スーパーの女」は、業界のタブーとなっていたリパックに斬りこみ、作中で舞台となっていたスーパーがその悪習を辞めるシーンが描かれています。作品のモデルとなった客にウソをつかない正直なスーパーが住友商

もっとみる

AIによって救われるブランドが増えるのではなく、むしろ弱いブランドの可視化と淘汰が進む

5/13(火)の夜、メイキップさん主催セミナー「AI活用したファッションテックとの融合 本格到来するデータ・ドリブンアパレルの時代」を聴講してきました。

登壇者セッションで、メイキップ・柄本さんがニューロープ・酒井さんに提示された「AIで学習・分析したデータで売れるアイテムを予測できるとのことだが、それだと既に現状でも言われている同質化がもっと進むだけなのではないか?」という疑問は、セミナー中に

もっとみる

Amazon Go、データドリブンな経営とは

日経電子版の記事【進化したAmazon Go データを棚と品ぞろえに生かす】は、ともすればレジ無し、省人化という側面にスポットが当たりがちなAmazon Goの真の目的が、データに基づいた業務の追求、『データドリブンな経営』にあることを改めて教えてくれる好リポートだと思います。

 そもそも、リテールにおけるデータとは何なのか?――従来のようなPOSデータだけでは、顧客行動に関わる全てのデータのう

もっとみる

営業をデータドリブンしよう!#1

過去の体験から未来の成果を予測する、データドリブンセールス。

データの力を取り入れて『勘やセンスに頼るのはやめて、科学的に営業しよう!』という取組みです。

自身が所属する会社の、営業支援・営業代行のコラムでもデータドリブンセールスを自組織でも簡単に取り入れる方法を解説しています。

例えば、

①リード(見込客の情報)を取得した経路をちゃんと抑えましょう!

このデータと受注・失注の因果関係が

もっとみる

IoE、人間が活躍する時代へ!~『観察』のデジタル化の意味するもの~

日経電子版の記事【GMOクラウド、メーター数値をアプリが読み上げ】は、とてもさりげない記事ですが、何か心に引っかかるものがあって記事の保存をかけておきました。すると、数日後、日課の散歩をしていて突然ひらめいたのは――アナログなメーターの数値を読み取るソリューションを作るのに、わざわざ『現場に出向いていく』ロボットまでセットにして開発したりはしないよな――というものです。

 もちろん、ドローンとい

もっとみる

野球とデータドリブン

先日、テレビを見ていたらスポーツニュースで面白い記事をやっていました。今年からメジャーリーグに挑戦している元西武の菊池雄星選手の特集だでした。

今ほど、日本人メジャーリーガー多くなかったときに、高校卒業からメジャー志望だったにもかかわらず、周りからの誹謗中傷などで一度NLBでプレイを決断した涙の会見なども胸熱でしたが、それ以上に興味深かったのは、アメリカに来てから高めのまっすぐをよく投げるように

もっとみる

国産カスタマーサクセス事例(2)Sansan

こんにちは! Customer Success Japanを運営する弘子ラザヴィです。

カスタマーサクセスは米国生まれの概念ですが、日本でも本質は同じ実務が複数生まれています。しかし、カスタマーサクセスという言葉が使われないケースも多く、米国ほど広く認知されていません。

そんな純粋国産カスタマーサクセスの存在を世に知らせたいと思い、私は日本のカスタマーサクセスリーダーのインタビュー動画を撮り続

もっとみる

【鼻の差問題】具体的過ぎるKPIが正確な判断や変革を妨げる。

「鼻の差で勝つ」…ことってよくある。
鼻の差で勝つと嬉しいけど、ちょっとクールな目で考えてみると、それってドンケツの周回遅れの二人が争ってる?なんてことないですか?
もしくは、
最速のスプリントサイクルで競争すれば良いのに、三輪車で鼻先を競ってる?ってことは?

で、
Businessの世界でここ十数年のトレンドになったKPI重視主義。
KGIとKPIを定義して、KPIをウォッチしてリフトアップす

もっとみる

noteのPVが増えるとマーケティングミックスモデリングの本の売上数が増える説

「効果検証デザイナー」の小川と申します。いくつかの広告会社、電通グループ、ネットイヤーグループを経て、今はカーツメディアワークスというPR会社のデジタルマーケティング事業を担当するコンサルタントです。

マーケティング業界ではインターネット広告のクリックの後、コンバージョンが発生したといったWEBマーケティングの数値検証はギチギチに行われている割に、TVCMや大規模なシステム開発を伴うサイトやアプ

もっとみる