2019.10.13 エッセイ日記 *私を見つめて。

朝9時に起きた。外は、くもり空だ。風があって少々冷える。洗濯をして、ずっと家にいた。読書をする。昼食にうどんを食べに行った。
台風が過ぎ去り稲穂が全て倒れている。台風が来る前に稲刈りが済んでいるところもあった。

ベランダに出るとトンボがとまっていた。近寄っても飛ばない。昨日の台風の雨宿りでもしていたのだろうか。

空は夕暮れになり、本を買いに出掛けた。どれがいいか悩んだ。本の厚さだとか題名だとか

もっとみる

プレイバック!業務日誌~どーでもいい話~

こんばんは!時として皆、
私のことを「King of(きんぐ・のぶ) どーでもいい話」と呼びます。
そう、この10年間どーでもいい話を日記に書き連ねてき…
ってコラーッ!だーかーらぁ!
この世にどーでもいい話なんて存在しないのです!(やまね持論)
本日はそれを証明してご覧あそばせましょう!いけーっ!プレイバック!

【2009年11月3日 やまねあゆみを探せ!】
札幌の地下街歩いてたらキレイなまん

もっとみる

巡る、朝ごはん

人生で初めて、母と2人きりで旅行に行った。

小さな頃は喘息が酷く、あまり出かけられず、小学校に入る頃には妹が生まれた。
そのため、2人で泊まりがけで出かけるという機会がなかった。
23歳にして、初めて母との2人旅だった。

今回の目的地は、鳴子温泉。
澄み切った青空に、まだ夏の香りを残した緑の山々が目に映える。
おびただしい数のトンボが、元気に飛んでいた。
かつては、このような景色が日本各地で見

もっとみる

ハグロトンボ

がたくさん飛んでいるなーと、つい先日まで思っていたら、今はもう赤トンボばかりになりました。