「破天荒フェニックス」、本当に元気もらえました。

書店でも結構見かけることが多いかもしれません。
「破天荒フェニックス」
その名の通り、破天荒なエピソード満載の田中修治さんが書いたビジネス書は僕が今まで読んだビジネス書の中でもかなり印象的で、心に残る本でした。もし起業・独立とか、チャレンジしたいものがあれば、是非一読してほしい一冊。勇気をめちゃくちゃもらえます。

オンデーズをいかに再生したか??

本書はメガネチェーンのオンデーズを買収して、い

もっとみる

ニューズピックスが面白い

前から気になっていたニューズピックスに登録した。とても面白い記事がめじろおしでした。ありがとう。

今日も無駄な残業をしているスタッフがいた。自分がそうゆう仕事ぶりだからなんだろうな。神様ゴメン。

入社4年目の高卒社員の仕事ぶりがすでに学卒2年目を超えている。素晴らしい。ありがとう。

パパは採用の仕事をしているので、今日は高校の進路の先生と話をしました。高校生が就職しやすい環境にある。ありがと

もっとみる

NewsPicksの明日はどっちだ

以前、意識高い系の人たちの間でアートやリベラルアーツが流行っていることに批判的な記事を投稿しました。

意識高い人たちの「リベラルアーツ」

最近のNewsPicksのオリジナル特集のラインナップはアート思考・リベラルアーツ・英語学習と、まさにこの路線を突っ走っているようで、そんな話は面白ビジネス書で十分と言いたいです。したり顔で「ルネサンスでは...」などと書かれると、ルネサンス学ぐらい知ってい

もっとみる

【アジア文化への熱狂と疑問-2-】 NewsPicksの88rising動画を見て

先日、88risingの東京公演に行った感想を書いた記事を書いた。記事はこちら。この記事を書いた数日後に ニューズピックス(NewsPicks)から代表、ショーンミヤシロへのインタビューを中心とした88risingの動画が公開されていた。

一時代を築くムーブメントの一端を日本語で観れるインタビュー動画は必見だ。

だがしかし、取り上げた媒体がニューズピックス(ビジネス媒体)だということに一抹の不

もっとみる

『熱狂』を生む情熱の所在

タイトル、決まってますね...(=´∀`)

「たった一人の熱狂」

「憂鬱でなければ仕事じゃない」

「圧倒的努力」

幻冬舎、見城徹さんの言葉です。

いやーシビれます。漢とかいてOTOKO。

なんだかテクノロジー最盛期のこの時代、

「努力だけじゃダメだ。うまくやるやつ、頭がいい奴が勝つ。」

みたいな風潮があった気がしますが(私が感じていただけ?)、最近は一周回って「量は才能を凌駕する」

もっとみる

【ブロガー必見】記事アクセス向上のためのNewsPicks活用法

【450部突破!】

こんにちは、@satoshi_gfa18です。

ツイッター、Facebook、ビジネス情報収集で活用されるSNSメディアのうち、今回は私も大好きなメディアであるNewsPicksの始め方を書きたいと思います。

私はブロガーの方こそ、NewsPicksに取り組むべきと考えています。記事へのアクセスという観点では、ツイッターやFacebookよりもNewsPicksの方が遥か

もっとみる
ありがとうございます!シェアまでいただけたら…感激!(おこがましい)
63

NEWS PICKS Magazine

最近創刊されたこの雑誌を読みました。

表紙は落合陽一さんです。表紙には、中に特集されている人の名前の一部が載っている。少し書きます。小泉新次郎、本田圭佑、前澤友作、渡辺直美、大谷翔平、堀江貴文、佐藤航陽、新浪剛史。この人達が一同に載っている雑誌って、今まであっただろうか?とページをめくる前に考えた。

内容としては、177ページの中に「今を全力で輝いて生きている人」がたくさん特集されている。ちな

もっとみる

ニューズピックスおじさんたちを勝手に分類してみた(ら、特大ブーメランにより二酸化窒素が発生し、更にはおじさんがコンテンツ化した)。

僕はニューズピックスが好きだ。内容も勉強になるし、デザインとかもかっこいい。あともうひとつ理由がある。

ニューズピックスおじさん※の存在だ。普段から興味深く観察していると、ニューズピックスおじさんたちを上手に分類できる気がしたので、整理して書いてみることにした。
※ここでのおじさんはコンセプトであり男性を指すものではありません。

面接っぽくいうと、「ニューズピックスおじさんの種類は大きく3つあ

もっとみる

NewsPicksオススメ若手ピッカー

NewsPicksとは

今日は、オッサンのたまり場を備えた経済ニュースアプリ”NewsPicks”について。

このアプリは、基本的にはオッサン同士の情報交換・床屋談義のサロンとして使われているようです。詳細は省略しますが、記事に対してユーザーがコメントできるというのが最大の特徴。

アプリを使い始めたばかりのユーザーは、”プロピッカー”と呼ばれる有名人のコメントを中心に読む人が多いようです。し

もっとみる