ハッシャダイ

注目のスタートアップ「ハッシャダイ」

日経電子版のストーリー。今週は地方の不良少年・少女を集めて企業が欲しがる人材に育てあげるスタートアップ、ハッシャダイ(東京・渋谷)を取り上げています。再教育プログラム「ヤンキーインターン」の卒業生はすでに150を超え、名だたる企業から引っ張りだこといいます。

私は昨年の10月、ハッシャダイが開いた「地方出身・非大卒の若者向けラップ特別講座」を取材しました。集まっている人たちの表情がみんな生き生き

もっとみる
BSテレ東「日経モーニングプラス」よろしくお願いします
15

「教育×パラレルキャリア」 ページ アーカイブ

こちらは「教育×パラレルキャリア」Facebookページの記事のアーカイブです。週に1〜2回程度の頻度で投稿をしています。

 このページでは「パラレルキャリア」・「開かれた学校」・「学校と連携する企業やNPO」などを軸に情報を発信していきます。

 記事の項目をまとめましたので、ご覧ください!

【1:パラレルワーカー紹介】

■ Vol.1
 ー先生ってとっても素晴らしい仕事。だからこそ「もっ

もっとみる

「目の前の生徒とともに」 高校教員 新井晋太郎さん

こんにちは!たーぼうです。

 今回は埼玉県の公立高校で、社会科教員として働いている 新井 晋太郎 (あらい しんたろう)さんのご紹介です!

◆◇ーーーーーーーーーーーーーーーーー
新井 晋太郎(Arai Shintaro) さん
 公立高校教員。食品メーカーに新卒入社。3年間営業職を経験した後、大学に2年間通い直して教員免許を取得。塾講師や私立高校教員、東京都中学校教員の経験もある転職4回のキ

もっとみる
ありがとうございます!お手伝いできることがあればぜひ!
7

教育×就労をテーマに対話の場を主催します!

こんにちは!たーぼうです!

 今回はイベントの紹介です。私も主催者の1人として関わらせて頂きます!

2月23日(土)17:30-20:00
【Education Cafeー教育×就労について語ろう!ー】

「教育分野でチャレンジする人の想いをカタチに」というコンセプトで、〝キャリア教育〟〝就労支援〟〝学習支援〟〝子どもの居場所づくり〟などをキーワードに対話の場を設けさせていただきます。

 今

もっとみる

【想いの強さと多動力を武器に宮野雄弘がNPO未来ラボと共に目指す誰も排除されない社会とは】未来ラボメンバーインタビュー④

マルコメ味噌のキャラクターマルコメ君。彼を見た時に最初に思い浮かべた。
いがぐり坊主頭に人懐っこくニコニコしている彼の表情は、初対面の人でも安心させる親しみがにじんでいる。彼がニコニコしてそこにいるだけで場の空気が和らぐのを感じさせる。

インタビューの事前準備のために彼のことを調べてみて驚いた。彼は2017年大学入学後、半年で休学し、現在は複数の活動をかたちにしようとしている。初対面での印象とは

もっとみる

ヤンキーハッカーとは?現役参加者が質問に答えます。(シェアハウス編)

こんにちは!こみかどです。

Twitterで質問をいただいたので、僕が現在参加しているヤンキーインターンについて書いていきたいと思います。

今回はインターン中に参加者で共同生活する、シェアハウスについてお伝えします!!

シェアハウスは初めての経験で、不安も多かったです。でもみんなでプログラミング教えあったり、料理作ったり、掃除したり、楽しく過ごせたなーと思っています。

1.場所
シェアハウ

もっとみる

東京から帰ってきました。

5日間の東京滞在が終わりました。
いつもは自分の『もったいない症』から予定を詰め詰めに入れ周囲にかなり迷惑をかけていましたが,今回は初めてゆっくり東京滞在を楽しめました。

モンゴルの実業家に会ってきました。

初めてセミナーに登壇

今回が初めてお呼ばれされる形での東京でもあります。何の手違いか知りませんが担当の方に買っていただいた新幹線のチケットがグリーン車。ぼくごときがグリーン車なんてめっち

もっとみる

なんで上京したん?ハッシャダイと自分の関係とか、

ここからポエムがはいってくるけど良いこと言ってる↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕が初めて東京に来たのは中学校を卒業した春休みで、来た理由は「かっこいいから」だった。スクランブル交差点では毎回ストーリーを撮ったりするぐらいだった、それぐらい「東京」ってものに憧れていた。

その頃ぐらいにツイッターも伸び始めていて、たまたま繋がっていた人が「泊まっていって良いよ!」って言ってくれて都内の

もっとみる
これ10個ランダムらしいですぜ。他の投稿も押しませんか?
22

ハッシャダイのインターンを振り返って

まず感じたことはハッシャダイには感謝しています。
それは自分がChoose Your Lifeできるようになり、インターンに参加する前よりも自信が持てしっかり就活に活かすことができ、なんとか就職できたことだと思っております。
途中で辞めてしまいましたがそれにはしっかりとした理由があって、まず自分がこれ以上この環境で成長できる自信がなかった(メリットを感じなくなった)のと、あまりにも課題のスピードが

もっとみる

NEXT STAGE TOKYO はぼくにとってのNEXT STAGEでもあった。

NEXT STAGE TOKYO 〜人生を変える5日間〜が本日をもって無事終了いたしました。

PMとして動かせていただいた中では、今までで一番大きなプロジェクトでした。
構想から実施までたった3ヶ月程。VAZとHASSYADAI両社のスタッフが全力急ピッチで全力の愛をもって作り上げた一大イベントです。

NEXT STAGE TOKYOって何?という方はこちらをご覧ください。

かなり細かくまで

もっとみる