no title

最近、雨が多すぎる。雨が降ると頭が痛くなる&目覚めが悪いので、僕にとっては相当しんどい時期。まだ、梅雨なのだろうか。まあ、梅雨が空けたところで毎年恒例の台風連続パンチが始まる。

台風ほどイライラするものはない。大事な予定の時に台風直撃だったときの怒りは計り知れない。そんなこんなで、周りを見渡せばどうやら大変な思いをしてるのは僕だけではないようだ、当たり前だ。

僕の住んでいる家には、テレビがない

もっとみる

【SBTW】7/15新宿ANTIKNOCK

先日は新宿ANTIKNOCKでライブ、ありがとうございました。Octavisuの1st EPレコ発ということで、おめでとうございます。

Octaviusは個人的にはSoul Japanでも対バンしたりして、初期のころから見てきたバンドなので、こういう大事な日に誘ってもらえて本当に嬉しかったです。

セットリスト

久しぶりにFuturistをプレイ。「ドゥーン」というベースドロップで始まるイント

もっとみる

私的曲の作り方備忘録

お久しぶりです。シマヌキです。
僕は普段、poolというバンドのギターボーカルであると共に、バンドでは作詞作曲、大まかな編曲などもやっています。

ちなみにこちらは弊バンドのデモトレーラーです。ライブ会場にて販売中。

ちなみにlog the acousticaというバンドもあるのですが、冬眠中です。

さて、曲作りといっても人それぞれ。メロディと歌詞を同時に作る人もいれば、歌詞から先に書く人

もっとみる

【レモネードスリーパー!!の〝考察力〟】

(9)

学園祭学園の『その名は未来』という曲と、中島みゆきの名曲『糸』のコード進行的なもの、楽曲の系統、サウンドの鳴り、が、類似していることに気づいた。互いに共鳴しあうサウンドは、両者ともに、名曲だ。マニアックだけど(笑)。

サンキューベリーマッチ!!(アフリカマンゴの木を引っこ抜きながら!)
6

no title

人の気持ちを変えることが、同じ意思を持って何か1つのものを続けていくことが、どれだけ大変なことか。毎回毎回思い知らされる。

時間の感覚は、想像以上に人それぞれだ。まだ「25歳」だよ、これからだよという考えもいれば、もう「25歳」と考える人もいる。前者だろうが後者だろうが問題ない。そのあとに浮かぶ言葉がポジティブであれば。ただ、そういう考えを持てる人間のが圧倒的に少ないから、大変なんだろう。

もっとみる

no title

今は、本当に便利な時代になった。ストリーミング配信の力によって、音楽活動のやり方は革命的に変化していっていると思う。

もちろん、今に始まったことではないけども、「FUMES」を始めてもうすぐ2年、この期間でまわりを見渡しても、急速に配信の力が強くなっている気がする。

僕の中でも、「新譜リリース」の概念が少しずつ変化してきた。配信であれば、できた楽曲をすぐリスナーの方々に届けることができる。より

もっとみる

【ライブ】BUMP OF CHICKEN【レポ】

増川くんが終始、杉田智和さんに見えた。
どうも、僕(ボキュ)です。

昨日 2019.7.12
埼玉県はメットライフドームにて
BUMP OF CHICKEN TOUR 2019

「aurora ark」

に参加して参りました!

SCHOOL OF LOCK から花束が!

自分が学生時代によく聴いていたラジオ番組で、実は第一回から聴いています。YUIに堀北真希に榮倉奈々にガッキーにやまし

もっとみる

My Privilege「Science Fiction」(ステッカー付き)残り1枚です

日曜のイベントでマイプリのCDが売れたので(お買い上げありがとうございます)、在庫は残り1枚になりました。元々残っていたCD自体も少なかったので貴重な1枚です。気になった方はぜひお見逃しなく〜。

My Privilege「Science Fiction」

1. Behaver
2. In The Stereo
3. Insomnia
4. B.I.A.S.
5. Black Out
6. KI

もっとみる

no title

前回のブログから、日にちが空いてしまった。この空いた期間は、濃い日々を過ごしていた。濃い日々とは、必ずしもプラスな出来事ばかりをさすとは限らない。むしろ、辛いことや困難な壁に立ちはだかる時にほど感じる気がする。

曲で悩んでいた。悩み苦しんでいた。というより、現在進行形なので、「悩み苦しんでいる」が正しい。この感覚は、去年「C.A.N.R」を製作していた時に近い。なぜ、僕たち芸術家の端くれは、すぐ

もっとみる

【曲作りのスピード】を上げる!たった1つの方法

曲作りのスピードを上げるには「決まった時間帯に曲作りをする」。

これだけなので、気分転換のやり方を探す必要はありません。コード進行やリフの作り方よりも、もっと手前のステップの話。

■以下のような悩みをもつバンドマン向けの内容です。
☑作曲スピードがなかなか上がらない
☑曲作りに対する新しい視点が欲しい
☑気合を入れても進まず、気づけばスマホでSNS
☑マイペースにやりたいけど、効率は良くしたい

もっとみる