夢を見たとのこと

オカルト好きの友人が夢の話をしてくれた。

昨年末に亡くなった音楽仲間が、まぁよく夢に出てきてはしょうもないことを言ってたらしいんだけど、3月に現れた最後の夢では妙に真面目な雰囲気で「7月24日まではまぁ大丈夫やけど、それ過ぎたら分からんなぁ」と言って消えたと。

そしたらこないだ、何と家族に病気が見つかって、7月24日に手術をするんだと。

なんだかすごい話だなと思いながら聞いていたけど、不思議

もっとみる

『電気グルーヴ』の掲載雑誌記事タイトル紹介(90年代前半)

今年は電気グルーヴ結成30周年です。 雑誌の図書館大宅壮一文庫には電気グルーヴの雑誌記事索引データが189件あります。
今回は雑誌記事タイトルを古い順に30件紹介します。掲載雑誌は全て大宅壮一文庫に所蔵されています。
観てください、読んでください、楽しんでください、電気グルーヴの雑誌記事タイトルの紹介でございます。
No.1
タイトル RADAR BEAM レコーディング日記 電気グルーヴのマンチ

もっとみる

ノイノイノイズ - 4U R 'n' R (ゴキゲンな土曜日に新曲をアップするシリーズ)

機材:Ableton Live 10
先週アップした人生時代のサンプル使用曲と並行して製作。音源は電気グルーヴ「4U Rack and Roll(シングル「N.O.」のc/w)」のみ。メンバーはあまり気に入ってないようだが、こうして拾い上げてみるとかなり使える音が多い。
#electronic #pop #techno #dance #denkigroove #pierretaki

もっとみる

ピエール瀧さんって、そもそも誰だ?

全然知らないんやけど。

田口くんは勿論知ってるけどね。

ストレスでコカイン

ワーグワーン!咲子です!

昨日はピエール瀧様の初公判があったようです。

彼は

「ストレスに負けた。俳優の仕事が沢山来て他 に発散する何かを見つけられれば良かった」

と言っていた。

そこで私が思うのは、

皆全てをストレスのせいにし過ぎだと思う。

ストレスなんて人類全員、産まれた時から始まり、死ぬまで持っているものだ。

持ってない人はいないし、持っていない瞬間もないんじゃないか。

もっとみる

芸人論から見えるビジネスモデルの末路

▼20世紀から21世紀になって、「芸人」という言葉の意味がずいぶんと変わった。

2019年5月14日付の朝日新聞に、〈倫理に縛られ 消えゆく芸人〉という面白い記事が載っていた。(近藤康太郎編集委員)

「カツシン」こと勝新太郎が、下着にマリファナとコカインを隠し持って捕まった例などを取り上げ、昨今の変化を描く。

そういえば、先日亡くなった萩原健一氏もクスリで捕まっているが、彼の訃報のテレビや新

もっとみる

「薬物ダメ!ゼッタイ!!」 それでもやめない懲りない面々の アディクト上等!座談会

ピエール事件から刑務所の中まで
タブーなしで語り尽くす
現役薬物中毒者の本音

※この記事は6月4日、ピエール瀧初公判前に書かれたものです

※薬物は違法です。やめようね!

 ピエール瀧、コカインで逮捕。第一報が流れたのも今や昔、世は平成から令和へと移った。違約金問題や出演作のお蔵入りに対する是非など、さまざまなメディアで取り上げられたこの件も、本人が保釈をされて後は裁判を待つのみとなった時点で

もっとみる

この世の不条理を無差別に切ったりややこしくしたりするラジオです。
第9回は人の罪はいつ許されるのか。キリエ・エレイソン。

聞きどころ:
・瀧を許していないのは誰なのか
・身体が傷ついてるのよ!・・・「「心が!」」
・知り合い以外が一定期間よりあとに言うのは無し!やめやめ!

OPテーマ
"おっぱいのうた"  from おかあさんと一生 https://twitter.com/oka_santo

もっとみる

【まとめ】 NHK大河「いだてん」第11〜20話のまとめ (10時間ぶんを10分でふりかえり)

いだてんの毎話、感想分析をブログに書いてます。全話完走が目標。
第20話の区切りが良い回まできたので、10回分を簡略版にしてまとめました。大きな流れはこのほうがつかみやすいはずです。

第11話が「1912年ストックホルムオリンピックの開会式のシーン」から始まり、第12話はちょうど「1920年アントワープオリンピックの結果報告会のシーン」で終わる。2回のオリンピックと、そのあいだの8年間がつまった

もっとみる