パッケージデザイン上達の為の「分解と理解」

最近、パッケージデザインのお仕事がすこーしずつですが、増えてきました。前職時代は仕事柄、パッケージデザインに関わる機会は皆無だったのですが、フリーランスになってから、その機会が増えてきましたので、自分自身のアウトプットを向上させるためにも、改めてしっかりとインプットし、定義をして再現性のあるものにするため、文章に落としこもうと思いました。

この道のプロの方からすれば、当然のことばかりかと思います

もっとみる

VBA PowerPoint文書フォント変更(ツール添付)

以前の記事「10.VBA PowerPoint文書フォント変更の仕上げ」で、ExcelファイルにVBAプログラムを組み込むツールの作成方法をご紹介しましたが、手っ取り早くプログラムを組み込んだツールファイルが欲しいとのご要望を頂きました。

そこで、VBAプログラム組込み済で、すぐに実行することができるExcelツールファイルを添付します。

ツールの外観

ツールの使用方法

①Excelツール

もっとみる

noteの表示フォントを戻したことと、手書き文字に表れる人となり

noteの表示フォントを明朝体からゴシック体に戻しました。
noteでは「明朝体で表示する」オプションがあって、あるとき気まぐれに設定をしていました。

ボディテキストのフォントの適正

きっかけは、というと、先日こちらの記事を拝見したことにあります。「ディスレクシア」という明朝体が読めない・読みづらい学習障害について書かれていました。

そのためだけ、という意図ではありません。個人的に障害と障害

もっとみる

IsiBheqe Sohlamvu Ditema tsa Dinoko

追記:昨日これを書き上げた後twitterでADHD STORY TELLING(ADHDの人の話)という話題を聞いたので、自分で試してみた。

PRE-STORY PROLOGUE FOR "CONTEXT"〈前置き〉

マーシャル大学の考古学教授ヘンリー・ウォルトン・ジョーンズ・ジュニア曰く、「考古学調査の7割は図書館でおこなわれる」そうだが「よい考古学者になるためには図書館をでる必要がある」

もっとみる

制作したフォントを紹介していただいた書籍のご紹介

サイトで設置した書籍案内のページが、Amazonの画像表示とテンプレートの相性が悪いようで表示不具合を起こすので、note.muをお借りしてちょっと宣伝させていただきます。

デザイン力を加速する!フリーフォントCOLLECTION (技術評論社)
珍しく掲載されているフォントを使った作例など載っておりますので、色々な作家さんのフォントがどう使われているのか? ぜひご覧になってください。

デザイ

もっとみる

とりあえずNoto Sans。は、やめませんか?という話

表題の件ですが、私は疑問に思っているわけです。

Webフォントって?

これまでWebサイトでは、フォントの表示はユーザーの環境に左右される事がありました。ユーザーの端末にインストールされているフォントを呼び出して文字を表示させる事が基本。というかその一択でした。

しかし、近年「Webフォント」という選択肢が増えたのです。

Webフォントとは、あらかじめサーバ上に置かれたフォントやインターネ

もっとみる

IsiBheqe Sohlamvu-Ditema tsa Dinoko

日本の文字を常用していると案外忘れがちだが、多くの文字は音を形に代えたものだ。何を今更、ひらがな、カタカナは表音文字だろうというのは……まぁ、そうなのだが、厳密に言うとアルファベットのような音のセグメントを表す表音文字と違って連続する音の塊を形にしたものだ。音節文字ともいう。この場合、英語……は、表音文字としてはかなり問題があるんだけど、まぁ、ココをグタグタ始めると長くなるので、そこはともかく、ざ

もっとみる

「編み物で野鳥を救おう」のフォントの話

こんにちは。手編みの鳥の巣を届ける会のはやみずです。

「編み物で野鳥を救おう」活動には、ロゴマークがあります。ひよこのもり工房さんにデザインして頂いたこのロゴマークが、僕はとても大好きです。

色々と好きなポイントがあるのですが、今日はフォントのお話をしたいと思います。

「編み物で野鳥を救おう」という日本語の文字には、「UDデジタル教科書体」というフォントが使われています。UDというのは「ユニ

もっとみる

これからのフォントとウェブでの組版を考えてきた

にわかのフォント好きのせんざきです。
5/18(土)にCSS Nite「これからのフォントとウェブでの組版を考える日」という、いかにも胸熱なイベントが開催され、自分でも気づかぬまま予約して参加していたので、そのレポートを書いてみたいと思います。

詳細が気になる方は下記よりどうぞ!

9,000円、、、高い、、、いや、内容に対しては全然高いと思ってないけどシンプルに高い、、、

CSS Niteと

もっとみる

関学声研ブログ 第46回 「書体学概論」

どうも熱です。今回は数学から離れようと思います。別にネタ切れというわけではないです。嘘です。

 皆さんは、次の画像を見てまず最初に何の「情報」が入ってきますか?

「R○seliaのアレじゃん」「バ○ドリ!のヤツやん」「黒い」「白文字」などなど様々な印象を持った方が多いと思います。しかし、ある"病気"を持っている僕はまず初めにこう思います。

「A1明朝やん」

 僕の脳内には真っ先にフォント名

もっとみる