マキタスポーツ

複雑な三角関係の『さよならくちびる』

2019年公開映画73本中47位。

三角関係の音楽ロードムービー。
ハルレオという女性デュオの解散ツアーを敢行していく中で、
小松菜奈と門脇麦と、ローディー役の成田凌の三角関係がメイン。

ローディーって初めて知った単語だけど、
バンドをサポートする役割のことを指す人らしい。
本番ではタンバリンしか叩いてなかったから、
何やってんだこの人は、、、と思ってしまった(笑)

三角関係だから、女性二人

もっとみる

発表! ベスト連れショニストアワード2019

もしも連れションするのならコイツとだ!の「ベスト連れショニスト賞」。今年は孤高の天才ピン芸人と呼び声の高い、ハブサービス氏が初受賞。本誌独占直撃インタビューで喜びの声を聞いた。

本誌(以下、本):おめでとうございます!
#ハブサービス (以下、ハ):はい?え?
本:あれ?まだ連絡いってなかったですか?
ハ:はい、特には。
本:そうでしたか、では改めて。ハブサービスさん、今回は#ベスト連れショニス

もっとみる

好きと嫌いの距離

「東京ポッド許可局」(ラジオ)でマキタスポーツさんが言っていたことが、ここにも書かれていた。

「好きだと解らなくなって、嫌いだとすぐ解る」と「好きだと解って、嫌いだと解らなくなる」問題

どういうこと?と思うが、マキタさんが挙げている例はこうだ。

・「好きだと解らなくなって、嫌いだとすぐ解る」

パクチーが大好きな人は、料理の中に少量入っているそれを「物足りないな」と思うけれど、パクチーが嫌い

もっとみる

第6回週間映画興行収入ランキング(2019年1月第3週)

【第6回週間映画興行収入ランキング(2019年1月第3週)】

今週のランキングは「マスカレード・ホテル」VS「劇場版 Fate/stay night Heave's Feel Ⅱ. lost butterfly」VS「ボヘミアン・ラプソディ」。
「マスカレード・ホテル」の初登場1位か?
「劇場版 Fate/stay night Heave's Feel Ⅱ. lost butterfly」のV2

もっとみる

アフター青春のその先がリアルで生々しい『ここは退屈迎えに来て』

これは面白かった。
朝8時から映画館に見に行ったけど、
引き込まれちゃってまったく眠くならなかったね。

橋本愛が、卒業以来10年ぶりに、
高校時代の同級生である成田凌に会いに行くって話なんだけど、
物語は2004年、2009年、2013年の3つが並行して進んでいって、
最後にすべてが繋がるという形。

最初はちょっと混乱しちゃうけど、
テンポもいいし、すぐに理解できる。
そして、それぞれの時代に

もっとみる

「カレーを見直す」提案

あなたはカレーが好きですか?
「辛みが苦手」という人はいても「カレーそのものが嫌い」という人に会ったことがありません。
今や日本の国民食と言って良い程のカレーですが、余程でなければ毎日は食べないですし、食べられないですよね?なぜなのでしょうか。

今回はその理由を私なりに解釈し、もっとカレーを楽しめる提案をしたいと思っています。

かつて、私はカレーの作り方にこだわっていました。
ヤギの脂を調達し

もっとみる

「ポータブルごま油」の提案

私、マキタスポーツは普段は俳優・芸人・ミュージシャンなどの活動をしていますが、ここでは新しい価値観を提案していきたいと思います。

今回は「ごま油」についてです。皆さんがよく見かけるごま油と言えば『かどや』でしょうか。

私はごま油が大好きです。好きになったきっかけは、自炊を始めた頃でした。
人に振る舞った鍋に、ごま油を一垂らししたことで、めちゃくちゃ喜んでもらえたという体験からです。
そこからご

もっとみる

他メディアの「ザ・カセットテープ・ミュージック」&「カセットテープ少年時代」リポートも注目です。

今夜6月22日深夜放送のBS12 トゥエルビ「ザ・カセットテープ・ミュージック」は、第6回「カセットテープ紅白歌合戦」の再放送。その内容は「note」記事『第6回「カセットテープ紅白歌合戦」より、「にくまれそうなNEWフェイス」(吉川晃司)×「セシル」(浅香唯)』および『第6回「カセットテープ紅白歌合戦」から、「Woman"Wの悲劇"より」(薬師丸ひろ子)』を参考いただき、どうぞ今夜の放送をお楽し

もっとみる

今夜再放送の第5回「輝く!日本カセットテープ大賞」を楽しむための“脚注”

今夜、6月15日深夜放送のBS12 トゥエルビ「ザ・カセットテープ・ミュージック」は、第5回「輝く!日本カセットテープ大賞」(2017年12月1日深夜に初回放送)を再放送。年末恒例の国民的音楽番組をオマージュした、略して「カセ大」。 「転調」「メタアイドル」「12月の歌詞」といった、番組ならではの文言が飛び交う回を楽しむためのワード解説を、書籍「カセットテープ少年時代」(好評発売中!)掲載の“脚注

もっとみる

第1回「A面に入れたいサザンの名曲」より、「思い過ごしも恋のうち」(サザンオールスターズ 1979年)

本日6月8日深夜の「ザ・カセットテープ・ミュージック」は、第18回「再びの初期サザン特集」。これにちなみ、今回は、第1回放送より、「思い過ごしも恋のうち」にまつわるトークを紹介する。このテーマでは、サザンオールスターズの演奏力の高さに二人は言及した。

♪「思い過ごしも恋のうち」
(1コーラスが終了し)
スージー鈴木:思わず体が乗りますね。
マキタスポーツ:テクニカル!
スージー鈴木:これも197

もっとみる