世界を駆け回るセラピスト募集中

解体前夜!クロージングイベント夜の部

翌日より解体、引越し、片付け...という怒涛なタイミングで、お世話になった方々をお呼びし、いつもは個別お客様のデザイナーズエステサロンを、1日開放日にさせて頂き昼間から沢山の方々がいらしてくれました。

夜は、友人のDJ Okazaki Taisei がクロージングイベントを開いて頂き、
大切な方をお招きし、chill out music をかけてもらいながら、ゆるゆるとお酒と共に語らいました。

もっとみる

しみじみ...サロンの変化を知った沢山のお客様の声

最近たくさんのお客様のお手入れに入らせてもらっています。

譲渡リリース見てくださったサロンのお客様から、沢山の嬉しい言葉を頂き、
特別なサロンや技術をつくったんだな....

と嬉しい限り。

「中々これだけ誰に施術されても強くてうまいサロンはどこ探してもないですよ。皆、痒いところに手が届く、そんなサロン...」
と久々ご来店のお客様。
お互い会わないうちに、沢山の出来事があり、進捗を確認し息

もっとみる

-SLOWLIFE-SALONからFaciaGINZAが世界に広がるまで

2010年3月
女性社長の師匠である渡邊社長の声掛けで、家賃5万円とういう提供場所の元、26歳の彩野絵美莉の独自サロン-SLOW LIFE-オープン
技術の開発を進める。

2010年10月
勤めていた会社も辞め、心と身体も自分らしく。向き合う時間を取って欲しいと強いいう想いから、-恵比寿隠れ家リンパマッサージ SLOW LIFE- 正式オープン。

顔パンパンですね...そりゃ悩みに悩み、後に小

もっとみる

実は自分が飽きていたことが罪だった

サービスが創業期から拡大期に入る。

創業期は、ないものから形をつくる、要は0→1の段階で、私は自分の思考の赴くまま、エステティックのサービスをあぁでもない、こぉでもないと右往左往しながら、

本当にお客様の心を動かすサービス何なのか!!

ということだけ考えながら、私はトップに立ち、
その周りのスタッフはそれに振り回されてるのか、大変だけど創り上げることが面白く一緒に居るのか、

私の古くから

もっとみる

10年間の事業を譲渡致します・・・女性経営者として、経営者の妻として、ママとして

結婚が決まると共に妊娠し、旦那と一緒に新エステブランドを立ち上げ、世界に店舗展開する中、新エステブランドと元々もサロンとの関わりや方向性が良く分からず、モヤモヤや衝突が続いた3年間。

結婚を決めて3年、妊娠して3年、新事業は3年、そして子供は現在まだ手がかかる2歳3ヶ月....

やっと結論がでました。

それはもうすぐ10周年を迎える自分が開業したコンセプトサロン〝強めのリンパ・小顔矯正 恵

もっとみる

事業譲渡のご挨拶

事業譲渡のご挨拶

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて このたび株式会社チルアウトジャパンが運営しております〝恵比寿リンパマッサージ・小顔矯正サロンSLOWLIFE〟は設立10周年の節目に、世界に向けたサービス展開を目的とした事業拡大の為、代表取締役社長 彩野絵美莉 の配偶者である 秋光勇介 を代表取締役社長とする株式会社

もっとみる

重い想いは悪い事!?

色々な事があり、**重い想い **は必要ないんじゃないかって 考える。

昨日、いつも良くして頂いている情熱的な社長と話していて、

この社長も私と同様、想いや情を大切にし仕事されていて、

同様な想いを感じていた。

想いがあるものを創ったのだけど、それが今アダとなる状況で、

想いは罪なのか?
想いが重くなってはいけないな。
とか。

その社長の場合は、想いを入れた大切な人から裏切られたと

もっとみる

経営者に、結婚出産でキャリアを捨てる事はないかと思ってたのに

OL時代の友達が、結婚して、嫌々ながら仕事辞める姿を見ていた。

私は、自分で経営してるし、仕事辞めたりはない話と思っていた。

しかし、勤めていても自営でも関係なく、結婚出産でのキャリアの諦めはあるんだと実感。。

絶対諦めないといけないと言うわけではないが、その匙加減は旦那さんによるよね。

旦那さんが戦闘きって働くのであれば、奥様は守りに入らなきゃいけない。

どちらがどれぐらいの割合で働き

もっとみる

これからの目標が定まらない人へ

去年の大変な仕事での時期から、明らかに違うのが次の目標が見えていること。

私は目標が見えてないと、グダグタもやもやするタイプで、この2年、仕事の方向性に悩みに悩んでいた。

・今はあくまでも子育て中で、そこには重きを置きながら、やれる目標
・旦那と被らない仕事(旦那がエステオーナーという仕事に参入し、寄せてきたw 笑)
・旦那との仕事にも、私自身の仕事にもプラスになれること

なんなくこれじ

もっとみる

サービスは次のフェーズへ。

私が創った丸9年のサービスは、事業となり次のフェーズに入る。はじめの私が携わった0から1が創業期の第一フェーズとすれば、これかは1から10の拡大期だ。

これにあたり、私も含め社内は荒れた。
自分が想いを込めて創ったサロン。お客様や知人から見ても、素敵なメンバーと雰囲気が、こんなにまで良くないサロンになるなんて。。

まず、私の心が乱れてしまって、同様についてきている社員も方向性が分からなくなって

もっとみる