中川いさみ

『マンガ家再入門 3, 4』 中川いさみ

デビューから30年、描いたことがない新ジャンルの作品を自分が描いたマンガを読者に公開し、それを大友克洋さんや松本大洋さんという巨匠に見てもらうなんて…想像するだけで怖い。中川いさみさん、すごい。

1985年のマンガ家デビューから不条理マンガを描き続けている中川いさみさん。『くまのプー太郎』はアニメにもゲームにもなっている。そんな彼が新しくストーリーマンガを描くために、ストーリーマンガや各分野の巨

もっとみる

『マンガ家再入門』1-2巻 中川いさみ

ゲストがすごい。大友克洋、松本大洋、ちばてつや、弘兼憲史、諸星大二郎、東村アキコという漫画家から、演劇の松尾スズキ、鴻上尚史、日本画家の山口晃などなど。借りた1巻で止めようと思ったら、続きが読みたくて電子書籍で2巻を購入。

私は『スピリッツ』で読んでいたギャグマンガ家の中川いさみさんがデビューから30年を経て、新たにストーリー漫画を描こうとする。さしあたっては先輩方に描き方を習おう、というインタ

もっとみる

1コマ目で4コマ分笑わせるマンガ家、中川いさみ

ぼくが今まででいちばん愛読してきたギャグマンガは「クマのプー太郎」(1990-94年、小学館)だ。当初の単行本で全5巻保管しており、大げさでなく全ネタおぼえるだけ読んだ。学生時代の友人にぼくと同じレベルのファンが1人いて、今でもたまに会うとクマプーから引用したギャグを交わすのが習慣になっている。

4コママンガにおける笑いを大別すると、いわゆる起承転結に則ってサゲる伝統的なものと、早い段階でアイデ

もっとみる