人月見積もりとフェルミ推定

請負案件ではまだまだ人月見積もりを求められる場合がある

人月見積もりだと、いかに見積もり精度を上げられるか?に意識がいきそうだが、限られた時間や少ない情報で精度を上げるのは厳しい場合もある。見積もりは明日まで、数行の情報から見積もって、等。

その場合、前提条件をつけて見積もることが多い。そのときの思考回路とフェルミ推定がとても似てる気がしてならない。

※フェルミ推定ができると実際の人月見積も

もっとみる

ある仮説:1人で継続できない人に向けて

誰だってそうだろうけど、私は一人で何かを続けることが本当に苦手だ。

だって、雨が降っていて片頭痛がひどい日や、本当にやりたくない日や気分が乗らない日があるのに、それでも無理やり体を引きずってでも仕事は「行かなきゃ」っていう気持ちがあるからできる。

1人じゃ、切迫した気持ちもないし、そのうえ完璧主義がそれに拍車をかけて「継続」なんか到底難しくなる。

先日、記事に書いたように私は自分がやってきた

もっとみる

伝説の営業マンの「仮説思考」

好きな言葉は、ありがとう。

どうも森田筋太郎です!!

今回は自分が心に残っている営業部の内容をブログにまとめました。

下にマインドマップを貼ってあるのでよかったらダウンロードしたり見てみて使ってみてください。

もっとみる

海路と日本

参照:古代マレー人|ひかわまこと @makotohikawa|note(ノート)https://note.mu/makotohikawa/n/n39f23ec0260f

「道」という観念自体が陸路と海路を総称して「道」という。

古代マレーや南米には栽培される以前の原産の芋があった。
古代マレー人はポリネシアぐらいまで拡散した海洋民族である。
島崎藤村の歌に椰子の実という歌があるが、愛知県の伊良

もっとみる

e発明塾通信 vol.582(1)(2019年2月27日号)エッジ情報「解読」のポイント ~ 課題解決/正しい問い/発明の理想状態、他

無料登録で最新号が配信されます!是非ご登録をお願いします!

・・・ e発明塾通信 vol.582(1)(2019年2月27日号)

「「「 エッジ情報「解読」のポイント ~ 課題解決/正しい問い/発明の理想状態、他 「「「 

おはようございます、「発明塾」塾長の楠浦です。

さて今回も、発明塾、および、企業内発明塾で、よくお話をしていることを一つ取りあげ紹介いたします。

発明塾、および、企業

もっとみる

認識

『見て気付く事』ってありますよね。

あれって、どうやら【見て】から【気付く】のではなく、『結果として見ている』らしいんですよ。

今回はちょっと超自然とか超科学とかの部類で、人によってはオカルトや都市伝説の類いと思われるかも知れませんが、進めます。

人間には【脳】がありますが、この脳がいろんな事をしてくれています。

思考、動作、生命維持ほか

【脳】が宇宙からの【何か】を受信するアンテナなん

もっとみる

概念化の達人は「だれが、いつ、どんな発言をしたのか」の記憶力がスゴイ

「すごい記憶力ですね。2カ月前の会議で、確かに加藤本部長はそういう発言をしていました」

いつからか、私はこんな誉め言葉をいただくようになりました。
ところが実を言うと、私は記憶力がいいほうではありません。最近の役者さんや歌い手さんの名前はまったく覚えられず、家内に本気で心配されています。
そんな私ですが、仕事上で「だれが、いつ、どんな発言をしたか」に関しては、別人のようは記憶力を発揮します。

もっとみる

データ分析するときに仮説立てる必要あるんですか?

どうもTairikuです。

我々の部署はデータ分析をやることが多いグループ。その分析データをもとに、CRMやメディアの改善、戦略立案などをしています。

さて、今回は第三弾として、データ分析する際に仮説を立てる必要はあるのか?というお話。

機械学習を専門としている私の目線で仮説立てする必要性について説明していきます。
※新人向けなので正確さよりもイメージのしやすさ重視です。

世の中には想像を

もっとみる

中小企業診断士=医者とするなら、病院=コワーキングスペース、スタッフ=看護師という関係性だってありなのではないかという話

コワーキングスペースをやるにあたってお世話になっていた、よろず支援拠点という、経営の立て直しとかトラブルなどの相談を無料でできる場所として各都道府県にある。そこで相談にあたってお世話になった人の言葉で、こんな言葉があるので、まずはご紹介したい。

「私は中小企業診断士という資格を持っていまして、例えて言うと会社経営の医者みたいなものととらえていただけるとありがたいです。」

 私の親というのも、主

もっとみる

e発明塾通信 vol.589(2019年3月20日号)情報を「トレードオフ」と「課題-解決」で捉え、次の仮説を立てる ~ エッジ情報の読み解き方

無料登録で最新号が配信されます!是非ご登録をお願いします!

・・・ e発明塾通信 vol.589(2019年3月20日号)

「「「 情報を「トレードオフ」と「課題-解決」で捉え、次の仮説を立てる ~ エッジ情報の読み解き方 「「「 

おはようございます、「発明塾」塾長の楠浦です。

さて今回も、発明塾、および、企業内発明塾で、よくお話をしていることを一つ取りあげ紹介いたします。

学生さん向

もっとみる