伝える力伝わる力

長い梅雨が続いている令和元年7月。
そろそろ快晴、真夏の空気を味わいたい頃だ。

あらためて仕事、業務を俯瞰で見てみる。あれ?なんで?と、疑問に思う業務フロー。気づくのか気づかないのかは「ひとそれぞれ」。ただ、疑問に思い課題解決をする事は必要だし、解決に向け推進して行くことは必要だ。業務改善を行い、効率よくあたらしい運用ができれば尚良だろう。

しかし、、そんな取り組みをしようと思う気持ちと慣れ親

もっとみる

18. お姉さん的存在

わたしには妹がいるのですが、今日は妹の家へ遊びに来ています。

わたしと妹は、声がほぼ同じで家族でも電話で識別不能ということを除いては、顔も全然似てないし、性格が真反対です。
例えば、同い年で同じ教室にいたら絶対に違うグループにいて、お互い話をすこともなかっただろうなーと。

2人の性格の違いを一番よく表すのは、学校とか会社とか新しい場に行く時、わたしはとりあえず周りのひとにどんどん話しかけていく

もっとみる

制約のなかで伝えきる練習

毎日のnoteは、およそ1000字前後になる。とくに意識をしているわけではなくて、書きたいように書いているとだいたい1000字ぐらいのことろで結びとなることがおおいのだ。

おそらくそれが、ぼくの文章のリズム。

でも、毎日1000字近い文章を読む人の立場になるとどうだろう。新聞や読書の習慣がうすれてゆくなかで、主に文章を目にするのはSNSとかネットニュースの人もおおいだろう。

ツイッターでいえ

もっとみる

カラスがカーカー鳴いてるねと私が言うと、違うよと否定する息子、カラスは泣いてないよと、日本語難しい

相手理解の先に、自分を表現する練習

言葉が出てこないこと、がある。
質問をもらっているのに
答えのようなものはあるのに
反応することを辞めている状態。

いわゆる、フリーズ。

特にこの1年くらい、
たくさん指摘してもらってきた。

昨日もセッションの途中で、
「そこで意見を引っ込めるから
話し合いにならない」、と。

起きていることの構図は、こんな感じ。

①相手の想い・意見を聴く。

②私は、すこし違和感を感じる。

もっとみる

音楽のシャワーを浴びて、パワーを❗️元気を❗️もらった

BUMP OF CHICKENライブでボーカルのふじくんが言った言葉が心に残る

『そばにいるから』

なんて落ち着く言葉なのだろう

なんて安心する言葉なのだろう

伝わってくる音楽と気持ち

ライブは人に伝える力がある

察するからハッキリ伝えるコミュニケーションへ

しいたけさんの新刊を買いました。
そこにこんなことが書いてありました。

乙女座ってやっぱりすごい縁の下の力持ち成分があります。
でも乙女座って2018年になると一斉に「あ、もう便利屋無理っす」と中指を立て始めました。
だから2016年くらいから断続的に、そして、けっこう本格的に「自分の身辺整理」をちゃんとやってきた。
あなたのこれまでの改革は「こういうところで分かり合えないのか」といった落胆や傷

もっとみる

原理原則・真理・ゴールデンルール 正しく受け取る力をつける No.188

世の中には言い方や入口は違えど本当のルールやゴールは1つだという事があると思います。
原理原則や真理、ゴールデンルールや物事の本質などの表現で言われる事で、表現は違えどすべて同じことを指しています。

例えば商売の側面から言えば「損して得取れ」という言い方も、生き方という側面から見れば「目の前の方にお尽くしする」という表現になります。
言葉の意味だけを聞くと全く違う事を言っているようですが、目の前

もっとみる

”足し読み!”シリーズ①:型に慣れるエクササイズ

『相手を巻き込む伝え方』が7月5日に発売になりました。読んでくれた方ありがとうございます!!

この本を書いたとき、実は今の原稿の1.5倍近くになってしまい、いろいろと削ったりもしました(^_^;) 

この”足し読み”シリーズでは、そんな未掲載原稿や、プラスしてお伝えしたいことなどを【note限定】で載せていきたいと思っています。

今回は、本の中心テーマの1つ「型=ビジョン・フレーム」を使って

もっとみる

そのレビューとか体験記とか記事とかコンテンツとか自メディアの情報発信、ただの宣伝広告になっていませんか?

どうも、やんじぇです。

突然ですが、そのレビューとか体験記とか記事とかコンテンツとか自メディアの情報発信、ただの宣伝広告になっていませんか?

Noteではそのようなものを取り扱っている人も多いと思います。

例えば物や場所やサービスを紹介するときに、手間暇かけて取材や下調べしたのだから良いところ素晴らしいところを羅列したくなりますよね。
まあ仕事でプロモーションとして請け負う場合はもちろんそれ

もっとみる