”うろん”なるものについて(短編紹介)

う‐ろん【×胡▽乱】 の解説 [名・形動]《唐音》
1 正体の怪しく疑わしいこと。また、そのさま。
 「胡乱な者がうろついている」
2 確かでないこと。真実かどうか疑わしいこと。また、そのさま。
 「誤を正したり、―な所は字書を引いて見たりして」〈風葉・恋ざめ〉
3 乱雑であること。また、そのさま。
 「かき本は字が―ですぢない字どもをかきをけども」〈史記抄・高祖本紀〉
[補説]「胡」は、でたらめ

もっとみる

マーブルパンダが生まれたきっかけ。

前回の自己紹介でちらっと「マーブルパンダ(マーブル・カラー・パンダ)」という単語とマーブルパンダのもとの作品を出した。後話すことは…「マーブルパンダ(マーブル・カラー・パンダ)」について語ろうかな。

・作品の簡単な紹介

前回のイラスト投稿でちらっと話したが、専門学生の最初に描いた作品でもあり、学校の課題だ。
学校の課題で「喜怒哀楽」を出されたとき、当時の私が浮かんだのが、人の顔やシルエットでは

もっとみる

「マーブルパンダについて色々語る。」

今回は「マーブルパンダ(マーブル・カラー・パンダ)」の不思議な生態を話そう

・「マーブルパンダ」のカラーは何故多色なの?
「マーブルパンダ」は元々テレビや動物園でよく見かける。普通の白黒パンダだった。
しかしちょっと変わったところがあるのなら、
「普通のパンダより一回り小さく」、「笹より果物が好き」で「感情と行動力が人と同じくらい豊か」なところかな(感情があることにびっくりした飼育員も当然いた。

もっとみる

私の人生を変えた作品

「人生を変えた出会い」というお題がちょうどあったので、自分にとって人生を変えた出会いとは何だったかな? と己を振り返ってみました。

私の人生において漫画、アニメ、小説、音楽等様々な創作物から受けた影響は多大で、また面白い作品に出会えた時に生きていてよかった! と強く思ったり。

そんな中、私の人生において思考、好みというか性癖や作品傾向、オタク趣味等々多大な影響を与えた作品が、なんだかんだでやっ

もっとみる

これから初の有料投稿をします。どきどきします。なんだかまだ早いような気もするんですが、思い立ったら吉日。えいや!っと投稿します。内容は前回投稿した「輪ゴム喰いの男」の全文です。気になる方、ぜひ手にとってください!よろしくお願いします!

短編「輪ゴム喰いの男」冒頭(『犬を抱いて眠る』2017年より)

「輪ゴム喰いの男」

 男が輪ゴムを食べ始めたのは、おおよそ二年も前のことだった。小腹がすいたなと食卓の上に視線を落とすと、そこに丸まった輪ゴムがあった。一般的な黄色の輪ゴムである。いつぞや何かの口を縛ったのを外して置いたかなと彼はそれを手に取っておもむろに口へ入れてみた。これが彼の最初の輪ゴム食体験となる。彼は以後病みつきになって、輪ゴムを食べ続けた。彼にとって輪ゴム食は間食の部類に入る。コーヒ

もっとみる

過去に製作した個人的に力作なガンプラを振り返る

ガンプラを作ったり、塗ったり、ちょこっと改造したりするのが趣味なMoreです。最近は時間と金銭的になかなか作れていないのですが、過去の作品を振り返ってみます。

ユニコーンガンダム1号機&2号機(塗装を工夫)

2014年くらいに作成した「ガンダムユニコーン1号機&2号機の覚醒ver.」です。確か、これはお台場にあるガンダムベースで購入した限定キット。あのことはまだ等身大ファーストガンダムが飾られ

もっとみる

『七月の樹懶』同人誌紹介(番外編)

先日、以上の通り、今『七月の樹懶』及びBOOTH『しちがつのなまけもの』で取り扱っている頒布物をゴギャーっと宣伝しましたが、今回は、頒布終了したものの尚在庫が押入にあるもの、二次創作ゆえ一瞬宣伝をためらったもの、の話をしたいと思います。ちょびっと怒ったりもしています。

『負け犬はワルツを上手く踊れない』

2007年12月。アタシは29歳の誕生日寸前に彼氏にフラれた。
傷心の帰り道、マンホールに

もっとみる