保険薬局

腎機能が低下したら、フロセミドは中止すべき?継続しててもよい?

臨床では、腎機能が低下したらフロセミドは中止することが多いように感じる。
 次のような症例を経験した。

 「腎機能が低下したから」ということで、フロセミド20mg/dayが中止となった75歳男性。
 心不全があり、ずっとフロセミド20mgとアゾセミド15mg/dayを飲んでた。その他ワーファリンなど多数。
 数年前から腎機能が低下し始め、2年くらい前からeGFRは30mL/min/1.73m2前

もっとみる

トラベルミンの制吐効果は何分くらいで効き始める?持続時間は?〜体内動態データはない〜

トラベルミン配合錠の添付文書には体内動態の項目すらなく、インタビューフォームでは全て「該当資料なし」の記載・・・(泣)。
 ってことで、配合成分である「ジフェンヒドラミンサリチル酸塩」と「ジプロフィリン」の体内動態を他の医薬品から失敬してくることにする。
 幸いにも「カフコデN配合錠®」が両方とも配合しており、いずれの体内動態データも記載があった。

 それによると、Tmaxは、ジフェンヒドラミン

もっとみる

肝硬変になると血小板が減るのは何故?

理由は2つ。
 まず1つ目は、脾腫が起こるから。
 肝硬変が起こると、門脈の血流滞る。その影響で脾臓から門脈への血流も滞ってしまい、脾臓中に血液がたまって脾腫が肥大化してしまう。
 すると、血小板の貯蔵量が増えてしまうので、結果的に血中の血小板が減る・・・というメカニズム。

 2つ目は、トロンボポエチンの産生量低下。
 トロンボポエチンは肝臓で産生されているので、肝硬変になると当然産生量が減る。

もっとみる

黄体・卵胞混合ホルモン剤の添付文書にはなぜ「毎日一定の時刻に服用させること」とわざわざ記載があるのか。

薬は通常、「毎日だいたい同じ時間に飲むもの」(頓服など一部を除いて)という認識のはずだが・・・。

 黄体・卵胞混合ホルモン剤は、今でこそ更年期障害や月経困難症などの適応があるが、最初は「ピル」として承認されていた。
 つまり、(避妊薬として)健康な人が飲むものだったため、敢えて「毎日一定の時刻に服用させること」という文言が記載されたらしく、それが現在も残っているようだ。
 (バイエルMRより)

もっとみる

片頭痛とセロトニン

セロトニン(5-HT)受容体を刺激したら脳血管が収縮して片頭痛が和らぐ・・・これが現在の治療法として定着している。
 5-HT受容体は多数のファミリーとサブタイプが確認されている(後述)が、片頭痛では特に5-HT1Bと5-HT1D受容体が重要。5-HT1Dは主に三叉神経終末に、5-HT1Bは主に中枢神経系(三叉神経脊髄路核)に発現している(肺にも少し)ため、それらを刺激するトリプタン系の薬剤は「片

もっとみる

ジメチコン(ガスコン®)の腸管内消泡作用ってどんな機序?

ガスコンの一般名はジメチコンで、化学名はジメチルポリシロキサン。
 ポリシロキサンとは、シロキサン結合(-Si-O-Si-)を主骨格にした人工高分子化合物。
 ケトン(-C-O-C-)の炭素をケイ素に置き換えたシリコケトン(silicoketoneが語源)で、シリコーン(silicone)とも呼ばれる。

 ちなみに、一般的に知られている樹脂などのシリコンは、本来はシリコーンと呼ばれるべきもの。

もっとみる

エゼチミブ(ゼチーア®)は食後投与じゃないといけない?その他諸々豆知識

エゼチミブ(ゼチーア®)の用法は「食後」という明記がある。

 インタビューフォームの薬物動態の項目には下表のような記載がある。

 この表によると、エゼチミブのTmaxは空腹時で大きく延長し、Cmaxは空腹時で半減しているのがわかる。
 また、活性代謝物の抱合体も、空腹時投与ではCmaxが大きく低下している。
 しかし、エゼチミブも抱合体も、AUCは食事による大きな影響はない様子。

 ただ、よ

もっとみる

通常、Ccr値は個別化eGFRより少し大きくなるが、70才以上だとCcrの方が数値が小さくなる傾向がある。

保険薬局は、法的には「医療提供施設」なのだが、一般認識はまだまだ・・・

2007年の医療法改正で保険調剤薬局も医療機関(≓医療提供施設)の一つと位置づけられた。
 医療法における定義では「病院」「診療所」「介護老人保健施設」「調剤を実施する薬局」の4施設を主に医療提供施設としている。
 しかし、一般的には医療機関は狭義の意味で扱われることが多く、それは医師・歯科医師が診療行為を行う施設(医院・病院・診療所)を指す。
 広義の意味では薬局も含まれるが、公的にはまだ認知さ

もっとみる

公益法人と営利法人と医療法人

「公益法人」は公共の利益に関する事業をし、営利目的ではない。
 組合員などの拠出金や民間からの寄付などで運営されている。

 「営利法人」は株式会社や有限会社が含まれる。
 売り上げの利益で運営。
 株主への配当があるので、利益を追求して還元しなければならない。

 「医療法人は」それらの間に位置する法人で、医療法上で営利目的であってはならないとされているが、利益がなければ運営はできないので、「医

もっとみる