内定者

イグナイトアイ株式会社に内定をいただいた僕が、なぜイグナイトアイ株式会社を選んだのかや、内定獲得までの就職活動の流れを紹介していきます。

https://reashu.com/igniteeye_naiteisha/

アイネクライネナハトムジーク

こんにちは. müです.

タイトルの映画を観てきた直後です.

映画好きなので.

一人で観に行くことが多いのですが.

久しぶりでした.

そのせいもあって.

(映画の影響も少しはあるかな?)

今.いきいきとやる気に満ち溢れてます.

ちなみに今日の写真は.

Santa Monica beachです!🇺🇸

撮影はiPhoneです!

とりあえず.映画の感想を

人との繋がりや縁.

もっとみる

今回は就活生に大人気の五大商社「丸紅株式会社」に内定をもらったやなぷーさんに、どのように就活を進めていったのか色々と質問してきました。

https://reashu.com/naiteisha-interview-marubeni/

成長の定義を示す

”成長”とは、何か?

今は、「成長できる環境であること」を、就職先企業選びの第一条件に挙げる就活生が、大きな割合を占めます。

しかし、冒頭の質問にちゃんと答えられる人は、あまり多くない印象です。

そこで、企業としては、彼らと、この大事な”成長”という言葉の定義についてコンセンサスを取る必要があります。

本日開催した、当社船井総研ロジの内定者研修では、当社における”成長”の目的と意味について

もっとみる

【雑談】就活生に読んでほしい内定〜入社式までにした方がいいこと

皆さま、どうも!
海外旅行、リゾート好きのShevです(╹◡╹)

いつもリゾートに関連する記事しか書かないんですけど、今日は就活生向けの記事を書いてみようと思います(^^)

それもづばり、、

内定してから入社式までにやっておくことで同期に差をつける方法

に関して書いてみようと思います(^O^)

ちなみに私のプロフィールというと、
・1社目は妥協内定を(内定出たところにすぐ承諾)してしまっ

もっとみる
やったー!これを励みに更新頑張りますので、宜しくお願いします🥺
2

入社直前の【内定切り】に、泣き寝入りするな

🔵入社直前の「内定切り」に、泣き寝入りするな

⏺️就職予定日からの賃金を請求できる場合も

新しい年号が始まり、心機一転、新しい職場で働くことが決まり、期待に胸をふくらませている人もいるかもしれない。

⬛️転職先から入社11日前に内定取り消しになったという事実が実際に起こった

⏹️被害に遭った、投稿者の男性

「理由は人員確保ができなくなり、直営化が難しく取り消しになった」とのこと。

もっとみる

【寄稿】合宿で君たちが得たことと、僕が得たこと

夏の残り香と秋の音色が混じり合う中、先日内定者の自主合宿が無事幕を閉じた。
2泊3日というスケジュールの中で
・Excel講習(講師・内定者)
・文章課題(講師・内定者)
・採用プレゼン資料作成(個々人)
・採用イベント登壇練習(登壇者)
・エンタメコンテンツ視聴
・24時間連続投稿企画
という多くの課題をこなし、若干会計勉強会や法律勉強会など実施出来なかったものはあったものの、まずまずの結果だっ

もっとみる

新卒配属ガチャをハックせよ!~倍率200倍の部署に配属された僕が意識した5つのポイント②~

(※ この記事は「新卒配属ガチャをハックせよ!~倍率200倍の部署に配属された僕が意識した5つのポイント①~」の続きです。前回記事を読んでいない方は過去記事からお読みいただけると、本記事をさらに深く理解することができます。)

こんにちは!エン・ジャパン株式会社でM&Aマッチングプラットフォームのプロダクトマネージャーをしております、時澤です!

前回記事である、「新卒配属ガチャをハックせよ!~倍

もっとみる

【内定なのに留年】取り消されてもやむなしか

🔵内定なのに留年、取り消されてもやむなしか

⏺️改めて知っておいたほうが安心だ

⬛️もし単位不足で留年して、内定取り消しになったら

⏹️内定が決まっているのにまさかの留年

大学卒業を控えた毎年3月、思いがけず単位を落とした学生から、このような悲鳴が聞こえてくる。

【ネットの掲示板】

語学の試験で合格点に届かず、単位を落とした学生の体験談が投稿。

【教授の方針】

再試験や課題提出な

もっとみる

結局みんなQUEENが好き。

こんにちは!丹治です。

1ボヘミアン・ラプソディが超絶大ヒット

つい先日まで映画館で放映していた大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』
世界興収では9億ドルをオーバー。日本でも2018年11月9日に公開され、興行収入100億円を超え、同年公開作品でナンバーワンの数字を達成しました。

その注目度や話題性がどれほどのものだったのかと言うと、皆さんが普段から使っているGoogleにトレンドという機

もっとみる