「声にも出せない夢はかなわないぞ」って誰か言ってたよね。

これだけ産業医をしたい(産業保健と予防医療したい。産業医の現場で得た知見から、いろんな施策うって論文書きたい。個人の労働生産性あげて、睡眠時間8時間取らせて、企業の業績も伸ばしたいetc)
ときちんと先生方に言っていると、良いことあるんだなーと。

自分のしたいこと、できることを理解して発信して強みに変えるの大切やなーと思いました

ある科の偉い人から、うちに入局しないかと。
(流石にその科の名前

もっとみる

近松勇門という人間について

勇門 HAYATO です。イタリアではあやと呼ばれていた。Hは発音しないらしく、言い直すのが億劫になり途中から自分でもそう自己紹介をしていた。

小学校の頃、自分の名前の由来を聞くという宿題があった。大して漢字を覚えてはいない頃だったが、そこで初めて両親が僕にどんな想いを込めたのか、ただ門左衛門の“門”の字を使いたかっただけではないのだと知る。

勇気をもってひとつずつ、門をくぐっていく

帰国し

もっとみる

さよなら の挨拶を。

Arrivederci というのは、イタリア語の「さよなら」なのだが、普段は気軽にCiaoを使う。正しい使い分けなのか分からないが、診察室から患者さんが出て行く時や少しフォーマルそうなときに“arrivederci アリヴェデルチ” と言っていた。
もう一度会う、という意味を含んだ別れの挨拶である。

帰国前の挨拶に行ったときのこと。その日の朝は研究所で文献をまとめて、レジデント達の業務が落ち着く

もっとみる

4分の1年で考えた、自分のことと周りのこと。

“先生”という呼称が付くようになって、早くも3ヶ月が経ちました。

自分のこと、好きな人たちのこと、医療のこと、病院のこと。
あの頃よりも深く考えることが出来ているでしょうか。

慣れって怖いもので、見えているものも時間が経つと見えなくなってしまうので、今のうちに現在考えていることを書き留めておきます。



自分のこと

臨床って楽しい!ってキラキラして話している人を見ていると、「やっぱり

もっとみる

【医学生 必見】海外臨床実習で準備するポイントをまとめてみた

ちょうど1年前のいま頃、イタリアに留学することを決心しました。出国してしまえば、どうにかするしかないと吹っ切れますが、やはり準備は大切です。

僕自身はいつ何をしたら良いのか見当がつかず がむしゃらに過ごしてきました。結果として良かったこともあれば、もっと早く知っていたらスムーズにできたかも知れないこともあったり。

今回は 僕が実際にいつ頃に何をしていたのかを一覧にしてみました。そして 医学生の

もっとみる

言えなかった「さよなら」

地元の病院で2週間の実習を行っている間に、22歳の男の子と出会いました。治療不能の末期のがんの子でした。
現在、医学部6年生の私は24歳。
自分と年が近い子が患者として入院していると、どうしても肩入れしてしまいます。

弟の友達ということもあり、実習生としてではなく友達の姉…という立場でいろんなお話を聞きました。(実習時間外に、お見舞いとして。)
年の近い仲良しの弟がいること。
教師を目指している

もっとみる

非日常な日々に想うこと

慣れというのは喜ばしいようで、
感覚は狂っていく。

限りがあることに気づいたときに、いや自ら区切りをつけていることがほとんどなのだが、過ぎた時間の後にはただ寂しさだけが残る。

ローマに来た当初は硬水が合わず、なるほどマグミットを飲んでいるような感覚かとトイレの中で思い過ごす時間が次第に短くなるように、
苦くて口に馴れなかったエスプレッソを炎天下でも欲して片言に注文して気取るようにもなる。

C

もっとみる

好きを夢に②

夢を語るシリーズ第2弾です!自己満シリーズ。
noteを書いていない時も日々の臨床実習でいろいろ考えることがあって…アウトプットが追いつきません…

さて。
今回は、病院で働きたくない私が考えた“なりたいお仕事”(?)をご紹介します。
医師免許取った上で、全く別のお仕事をするというのは今回はなしで。
元気な人が明日も元気でいてくれるために何がしたいか考えました。
やりたいこと列挙なので、“就職”と

もっとみる

タイトルなし

ラインが返ってこないってだけでこんなに毎日不安になるってやっぱ病気だよね。もう連絡とらないならとらないで、はっきり言って欲しいよな。どっちなのか分からないのが1番疲れるし、不信感感じる。なんで女っていつも女のペースなんだ。普通にどっちのペースでもなくて、うまくやれるやついないのかよ。返事返さなくても今忙しいからちょっとまっててーくらい送れるだろ。

朝はあんなにやる気あったのに、部活行ったらどんど

もっとみる

医学部生が考える最短の勉強法

こんにちは今回は勉強法について考えをまとめてみました。備忘録用に残しておきます。もっともな事しか言っていませんがもし、もし、もし、勉強法オタクの勉強法に興味があればどうぞ。

また、家庭教師先やお子さんに勉強法を教える際にもおススメです。

勉強ができるようになるための楽な方法や近道は無いとおもっていますが、勉強ができるようになる最短の方法はあると考えています。つまり無駄な勉強や無駄な勉強法をしな

もっとみる