ピザ窯を手に入れた

タイトル通り、数日前ピザ窯を手に入れた。

話は半年前に遡る・・・・。

理想の古民家暮らし、スタート!

虫:「これからは、ご飯を美味しく炊くための羽釜は絶対買いたいね!ピザ窯なんかも自分たちでDIYして作ったりなんかしてさー。」

ぱ:「いいね!やろうやろう!」

そんな会話をしていたのがつい半年ほど前だったよな・・・・。

現実は・・・・

ポチッ。

翌日、玄関前にピザ窯が届いた。

ポチ

もっとみる

訪問者X

うちには”母屋”と”離れ”があってその間に中庭がある。
中庭には納屋があり、農業をするために必要な道具が沢山保管されている。

今朝も、眠い目こすりながら中庭側にあるカーテンを開けた。

ダンゴムシ足元、コロコロ。

”今日はそれだけでない”

・・・・・・・?

網戸越しに、ステテコ姿の訪問者Xが敷地内をよろよろ徘徊していた。

どうやらお隣さんの家と間違えてうちに迷い込んで来てしまったらしい。

もっとみる

【空き家不動産活用】リスクは、リスク管理すれば、リスクで無くなる。

こんにちは。 吉岡大です。

僕は、田舎で起業して4年目。現在、建築士事務所を経営しながら、空き家活用や古民家再生・リノベーション、動画制作や半公半民の公務員という様々な事業を複業的に行なっています。

空き家を購入して収益化をおこなっていると当然ながらリスクはつきものです。

ただし、リスクといっても、リスクを知り・管理することによって、最小限に減らすことが出来ます。

先日こういったツイートを

もっとみる
ありがとうございます!
8

バスとナス

お江戸からの帰り、バス。

くまさんみたいな背格好のおじぃちゃんが車内でポロポロ、泪。

『お母ちゃん(妻)がよ、足骨折しちゃってよ、オレ家で1人なんだ。。。』

じぃちゃん、すごく心細いんだな。

一人で田舎の一軒家は広すぎる。

日本の抱える現状を垣間見た気がした。

安易に言葉もかけられず、人ごととも思えず。........帰宅。

ガラガラ、蜘蛛の巣顔面バイーン。

とりあえず、朝取ってお

もっとみる

古民家暮らしのリアル

連日、蝉が騒がしい。

最寄り駅に行くには車でないと日が暮れる。

バスは1日往復4本。玄関入ると蜘蛛の巣顔にバイーン。

あっ、ゲジゲジ。。。目の前を通る。枕元にアリンコの大行進。

ガタガタ夜中に、屋根が鳴る。

さては、野生のハクビシン・・・?

ポケモンの世界なら、 ”なんちゃらボール” でサクッと捕まえるのに。現実そう上手くはいかない。”降参”と言っても奴らはやってくる。

そんなある日

もっとみる

建ててからも出来る気密・断熱③

こんにちは!
素敵な週末をお過ごしでしょうか

今回は、前回の続き
家の外観そのまま、家全体の性能を上げるリフォーム
について書きたいと思います。

家全体の性能を上げるリフォームがしたくても
リフォーム期間中に暮らす場所がない!!
とか
もう子供が巣立ってしまったから生活空間だけでいいのに・・・
とか
中々思い切れないかたも多いのではないでしょうか??

長く受け継がれている家だと特に
物がたく

もっとみる
私もスキです(^O^)/
10

喻くんの四川火鍋

我が家で定期的に振舞われる、美味しくてめっちゃ辛い火鍋がある。
四川地方出身の中国人留学生の喻(ユウ)くんがつくってくれる火鍋。

「食材ぶち込んでやりました(にやり)。」って感じのドヤ顔。

明らかに右側の方が辛そうだが、実は左側の鍋が火鍋であり、右側はトマト鍋なので辛くないのである。

当然ながら火鍋は激辛である。辛味のもとは主には唐辛子と花山椒である。そして唐辛子と花山椒を油でいい感じで焦が

もっとみる
あえて言おう。ぼくもスキ。
11

今日も日常を幸せに暮らしている

午前中いっぱいが丹波の森で研修を行っていて、お昼には皆さんとお別れしたら、もうずっと今日はそんなに急ぐべきこともなくゆったりしていた。

ひさびさにゆっくり寝てしまおうと思って昼からすっかり寝てしまって、4時間30分ほどこってり寝て、もう本当にお腹も空いてないし、眠る気持ちもなくなったし、この家にはみんなもいてくれるので孤独な気持ちもないし、子どもも健やかに育ててもらえているし、両親も好きなことを

もっとみる
このスキであと300m走れます(涙)
21

ズッキーニうまかったのに

必ず誰もがやったことがある「写真撮っておけばよかった」の体験。

農(みのり)の学校で学ぶ、王子(大前君)とエンゲル(前田君)が持って帰ってきてくれる野菜たちのおかげで、我が家の食卓は豊かになっている。

今日もズッキーニがたくさんあって、「食べていい?」って聞いたら、「山のように収穫できるのでどんどん食べてください」ってことで、遠慮なくバター醤油で味付けして、すこしとろけるチーズをちらして、めっ

もっとみる
あえて言おう。ぼくもスキ。
3

古民家から描く瀬戸内の情景ピアノ演奏~デニムで暖簾づくり~

築百年の古民家アトリエで「音楽で地域と世界をつなげる」に挑戦する情景描写ピアニスト山地真美
彼女の瀬戸内の古民家くらしの日々を、ピアノ演奏と共に発信します。
今回の古民家くらしはデニムを使った暖簾づくりです♪
「瀬戸内らしい」?暖簾の完成をお楽しみに

<演奏作品>
「しあわせ橋の今」

本活動を気に入っていただけましたら、是非チャンネル登録もお願いいたします。
http://www.youtub
もっとみる

ありがとうございます!応援よろしくお願いします♪