未来文明史論2019(13)台風19号情報と防災減災試論1

【問題提起】
#寒露 の候、どんどん寒くなってきました。ところが、今週末3連休、10月11・12・13日ごろに、大型の #台風18号 が接近します。
#台風15号 では、千葉や大島など甚大な被害をもたらしました。
今年の傾向として、台風の数は減ったものの、勢力が強いままに日本列島に上陸することが多いように思いました。このような自然災害に対して、人類はどのような対策ができるのか、未来史の目線で記した

もっとみる

『ミスティック・リバー』

しかしこの陰鬱さは何だろう。三人の幼馴染みがひとつの殺人事件をきっかけに再会するのだが、悲劇的であることを超えて何ともやり切れない結末を迎えることになる。「映画」はもう痛快な娯楽映画を撮ってはならないのか。監督イーストウッドは画面の暗さを通じてそう言っているようにみえる。必見。(2003年 アメリカ 138分 監督クリント・イーストウッド)

『その男、凶暴につき』

「ここではすべてが新鮮である」というトリュフォーの言葉を引用したくなる。監督北野武は新しい「映画」を発明した。俳優ビートたけし演じる我妻刑事の歩き方。白竜の不気味な静かさ。ストーリーだの物語だのここでは語るまい。画面の強度がすべてだからである。この映画から『ソナチネ』へ至る北野武は乗りにのっていたと言ってよい。この映画は何度も見直さなくてはならない。(1989年 日本 103分 監督北野武)

現代語訳こころ(しんけい)について

正直、『現代語訳こころ(しんけい)』はウケも良くないし書いててもつまらないというか、行き先が見えない状態です。でもここで辞めるのもこれまで読んで下さった読者様に無責任なので、この記事にスキが20付いたら続けるお約束を致します。読者の皆様ジャッジをどうか宜しくお願い致します。

台風18号接近

今年は台風の当たり年です???(挨拶)

台風17号と同じようなルートのようですけど、進路次第では、関東や東海など直撃する可能性あります。

正直、今年は全国的に台風被害多いので、そろそろ勘弁して欲しいところですけど。

備えあれば憂いなしですから、早めの準備と対策できればと思います。

もっとみる

『ラストエンペラー』

この無籍国感はどうか。英語で話す西太后。確かな輪郭に収まらないピーター・オトゥール。溥儀という孤独な男の肖像。ここでベルトルッチは乗りにのっている。『シェリタリング・スカイ』への布石とも連想させる本作は、乾いている。コオロギに注目されたい。(1987年 イタリア・中国 163分 監督ベルナルド・ベルトルッチ)

『自由、夜』

ミシンをかけるエマニュエル・リヴァの表情。モーリス・ガレルの疲労。クリスティーヌ・ボワッソンの動揺。この映画はどの場面を切り取っても美しいショットから成り立っている。アルジェリア独立戦争を背景としながら、現在形で観る者の心を揺さぶる。(1983年 フランス 82分 監督フィリップ・ガレル)

台風被害、千葉を訪れて

9/9(月)
関東に台風15号が上陸。
千葉県の一部が大きな被害を受けました。

千葉在住の同期は、その日は1日電車が動かず出社不可能に。

停電は3日間続いたそうです。

それでも、僕の中では他人事でした。
車で1時間ほどの、すぐ近くでおきた災害にも関わらず、
「大変そうだなぁ」
その程度の感想でした。

9/19(木)

そんなある日、友人から連絡がきました。

「台風被害に遭われた大切な

もっとみる

暗号保護技術社会における現代春画家の優しい世界

上に置かれた写真が、左から順番に小さくなる西郷隆盛の写真であるのに対し、下に置かれた西郷隆盛の写真は右から順番に小さくなっている。

もっとみる

江戸はまだ強風域で、風の音がうるさい。日光がさしてきて気温が上がる予感。夕方、敬老祝賀会だから、天気になるのはありがたい。 #台風18号 #敬老の日 #フェーン現象

ご関心を持って絵いただき、ありがとうございますm(__)m