地獄絵図

地獄絵図

結果がない。証拠がない。
肩書きない。経歴ない。
お金も残らない。
肉体労働した割にはヒョロく、日焼けもしてない。
誰も信じてくれない。

私本当に頑張ったの?

ついに働けなくなった。
私は、何を言われても文句言えない。
プライドがどんどん落っこちてく。

砂漠に作物を植え続けるような毎日だった。

蓄積された、怒りと、絶望と、疲れと、飢え、自分でちゃんと解ってる?

私解らない。
『あ

もっとみる

「選択できる」ということ、あるいは自由の本質について

おはようございます。月曜日の朝を元気に迎える「週刊noters〜奮闘編〜」今週は寺口がお送りします。

先日、「地獄絵図」というワードがTwitterでトレンド入りしていました。

メディアでも様々な考察がされていました。主に働き方の文脈において。

何を感じましたか?

この大行列の中にいた人も、いなかった人もいろんなことを感じたかと思います。

僕はなんかすごく悲しい気持ちになりました。

もっとみる
すり減った心が回復しました。有難うございます。
24

鬼太郎感想置き場40

ドーモ、三宅つのです。タイトルどおりの空間です。マガジン化してもいます。面白いので視聴をおすすめします。

前回はここです。 

6期2年目は1年目の闇を踏まえ、バッドエンドで終わらず救済も与えていくようですね(クリスは社会的に死にましたが)。鬼太郎もなんか精神的に成長している気がします。イスルギ=サンや四将は名無しめいて頻繁に絡んでくるわけではないので、忘れている人も結構いると思いますが。

#

もっとみる
あなたに大きなスシとCORONAを!
2

日本のメディアは反社会的人物の集まり

世界よ、これが日本の国営メディアだ

なに勝手に遺留品を回収しているんだよ!
警察に通報しろよな!
こんなことしているから京アニ放火の共犯を疑われるんだろうが!
これ、捜査の妨害だろ!
遺留品を置いた場所だって重要なんだぞ!
現場検証で黒いプレート置く奴とかもう出来ないじゃないか!

世界よ、これが日本の国営メディアだ

自作自演の為に珊瑚礁に落書きしたり当たり前の様に虚偽報道や他社の記事を盗用な

もっとみる
8

地獄体験レポートについてわかりやすく解説

地獄と言うものは実在するかは知りませんが…

悪い事をした人が、永遠の責め苦を受ける場所として知られています。

西洋でも、東洋でも…その世界観は共通で
終わりのない罰を与えられます。

今日も、其処へ新入りがやって来ました。

鬼「これから、地獄を案内してやる…その中から永遠に続く責め苦をお前に選ばせてやる…フハハハハハ」

初めてやって来た地獄に、男は終始オドオドしながら鬼について行きます。

もっとみる
僕と契約して魔法おじさんになって欲しいんだ
6

現代版 『地獄絵図』

まずは何も言わず、これを読んでみてほしい。

 まだ朝で、これから1日が始まるのに、すでに “この世の終わり” みたいな顔をしているサラリーマン。いい大人同士、身体をべったり密着させてスマートフォンでニュースを読んだり、ゲームをしている。
 暑い時期には汗でベタベタのYシャツ、寒い時期は個性のない黒いコート。誰が決めたかわからない「静かに」という曖昧なルールを全員が守っている。
 その謎のルールを

もっとみる

ダンス

通勤は電車。
Townhallの駅でおりる。

いつもはWoolworth側の改札から出てコンビニ8で買い物するのだが、
今日は家でパンを食ったから、会社に近いほうのコールス側の改札から出ることにする。

改札を出て数メートル歩いたところ、 まだ財布にWeekly Ticketもしまえてない状態。

床に黒いものを発見。
散らばってる。

コンタクトレンズは目に入っていない。

もっとみる
スキ押してくださってありがとうございます。
3

【百科詩典】じみんとう2019プロジェクト【自民党2019プロジェクト】

子育て支援どころか、妊婦加算などという「妊娠したら罰金」制度を復活させようとし、シングルマザーを支える母子加算を容赦なく削減したりと、女性を痛めつけながら「産まないのは勝手」などという政治家ばかりの自民党と、その「被害者」をメインターゲットにする雑誌がコラボする地獄絵図

~異邦人

共鳴するものがあったのでしたら、有難い限りです。

黒目がちなエイリアン系カラコン女とは。

先日、仕事がらみで会った営業職の女性。
見た目はまだ20代後半ぐらいかと。
その女性と目を見ながら会話をしようとしたら、とにかく目に目がいってしまう。
というのも、自力でここまで大きくできるのかと感心してしまうくらいに目を見開いて話しかけてくる。
目が大きい=かわいいと信じ込んでる女性が多いのだろうけど、見開くことで目を大きくみせるという荒技はある意味斬新で、度肝を抜かれた。
ホラー映画もびっくり

もっとみる