多拠点居住

北欧3カ国で見えた未来 ~キャッシュレス、電子行政を中心に~

はじめに

 ここのところマレーシア、インドネシアと東南アジアのことを書いてばかりいましたが、2018年8、9月に行った北欧3カ国での経験も、私の「多拠点居住」に関する考え方に大きく影響を与えていますので、そのエッセンスを記したいと思います。
 2018年に行った北欧3カ国とは、スウェーデン、フィンランド、エストニア。
 「エストニアって北欧なの?」と考える方も多いかと思いますが、確かにエストニア

もっとみる

ペナン島の流行は日本の心理学本? 書店視察レポート2019

プロローグ

 私は海外旅行に行くと、必ずその国の本屋を覗きます。
 大学時代、歴史学を専攻していたこともあって、その国がどのような自国史の本を売っているのか、興味があるから。
 旅先によってはその地の言語に不案内な国もあるので、図や写真が豊富な子ども向けの自国史の本を買うことが多いです。
 第2外国語として大学ではフランス語を学んでいましたが、histoireという単語には「歴史」という意味も「

もっとみる

乱立は日本以上?マレーシアの決済アプリ事情2018-19

はじめに

 私は海外旅行に行くとたいてい、その地の便利アプリを試してみます。
 理由は効率性の追求のため。
 日本では、無駄な会議、冗長な業務フロー……と、仕事をするのに非効率的なシステムばかりがまかり通っています。
 その一方で、増える仕事、減らされるように言われる労働時間……。そんな中で「働き方改革」なんて掛け声だけでは実現不可能で、解決できる可能性があるとしたら、そう、テクノロジーを使うし

もっとみる

Voicyの後編が公開されました

Voicyの亀松太郎さんのチャンネル「あしたメディア研究所」に出演した後編が、公開されました。

https://voicy.jp/channel/854/53004

冒頭でも最後でも言いたい放題言っていますが、現状、老後に日本に住む選択肢しかない、というのは大きなリスクだし、副業なり多拠点居住なり何でも良いので、みんなが生きやすくなる手法がどんどん広がっていけば良いな、と思います。

もっとみる

Voicyの番組に出演しました

Voicyの亀松太郎さんのチャンネル「あしたメディア研究所」にお邪魔し、副業と多拠点居住について話してきました。
本業の会社に申請した条件として、会社の肩書きは使わないことにしているので、社名については語っていません。
副業について綴っているnoteとかでは名前をアルファベット表記にしているので、今回はカタカナ名にしました。

私の将来の夢は、ラジオパーソナリティなのですが、実際のラジオ収録はこ

もっとみる

仕事に対するスタンスについて

1.はじめに

 私のプロフィールについては下記の記事に書きましたが、改めて仕事に対するスタンスを記しておきます。

 このnoteについては、本業の会社の許可を取った副業の一環としてやっています。
 会社に許可を得た副業の業務内容は、こちらの写真参照で。

 その際の条件として、報酬などを受け取る一方、本業の社名や肩書は使わずに、本業の業務時間外にやる、という形になっています。
 また、副業をや

もっとみる

会社のバリュー(存在価値)を「HUB(ハブ)でありたい」にしてみた背景

ヘビ、、、嫌いじゃないです。むしろちょっと好きです🐍

あと、、、沖縄も好きです。

夏ですね。夏サマー。夏サマーシーサー。ですね。シークワサーシーサーサワーのおいしい季節ですね。。

シーサーvsマングース、、、

まー、、シーサーの方が強そうな、そんな気がします。。。

めっちゃさておき、、

ただいま商店街株式会社という社名にしました。理念一式なのですが、

ミッション(やや外向け)

もっとみる

ペナン島の家は今が買い? 不動産視察レポート2019

はじめに

 下記の記事にも書きましたが、私はマレーシアと日本との多拠点居住を考えています。

 2018年11月には、10年間、どれだけ長くマレーシアに滞在しても良くて、更新も可能なロングステイビザ「MM2H」を取りました。
 本格的に移住するのは、10年後のビザ更新時以降を視野に入れていますが、準備は少しずつでも進めておいた方が安心。
 ということで2019年7月には、ビザ取得をサポートしてく

もっとみる

バリ島移住とGO-PAYエコシステムの実際は? バリ島視察レポート2019

1.狙い

 私はその時々のタイミングで興味のある海外の文物を視察するため、しばしば旅行に出てリサーチするのだが、その時々で学んだ内容を整理せずにそのままにしがちなところがある。
 旅先で見聞きした文物についてはその都度、facebookに載せ、興味を示した友人たちには後日、詳細を話したりして、面白がってもらったりもするのだが、40歳を超えると、時間の経過とともに忘れていってしまう事柄も多い。
 

もっとみる

僕はこれから”地元”でメシを食っていきたい。

7/15(月・祝)「地元でメシを食っていく〜北陸編〜」というイベントにゲストとして登壇させていただきました。

2年前にみなとみらいにあるBUKATSUDOで同世代の31人の仲間達と、苦しみながらも企画に向き合った半年間。その主宰である阿部広太郎さんと、僕の生まれ故郷・金沢でこうしてお話しできたことが何より嬉しく、ほんの少しだけ人生の伏線を回収できたような気がします。

この日のイベントの中心的な

もっとみる