大和郡山

奈良県内の石造物⑥:額安寺宝篋印塔、五輪塔群

名称:額安寺宝篋印塔、五輪塔群

伝承など:忍性の墓(五輪塔)

所在地:奈良県大和郡山市額田部寺町 額安寺

聖徳太子創建と伝わる大和郡山の額安寺には、三メートルを超える巨大な宝篋印塔が伝わる。

かつては境内外の蓮池の中島にあり、近づいて見ることが出来なかったが、近年修復に伴い境内の本堂前に移され、拝観が容易になった。

鎌倉時代の文応三年の銘文を持ち、国内の在銘宝篋印塔としては生駒市輿山往生

もっとみる

透明写真栞ができるまで。

さて、只今 絶賛開催中の第5回 栞展
奈良県大和郡山市の とほんさんでやってます

今回出品しているのが4種

私は第2回から参加していて、
昨年出した 透明金魚栞が好評だったので
このまま 少し仕様を変えて 今年のver.に。

この栞展が きっかけで
”自分の写真をグッズにして販売する”
ということを始めた私
なので やっぱり思い入れが強い企画展。

昨年の栞が 予想外の動きとなって
結果 1

もっとみる

神様のいる街はここですか?

【とほん読書ノート005】

「文」と「本」と「旅」こそが自分を支えていた。「旅」を街に差し替えて「文と本と街」でもいい。自分が旅に出る理由は、いつも歩いているなじみの街とは別の街を歩きたかったからだ。 P37

吉田篤弘の小説が好きで読んできた。大正ロマン昭和モダンな雰囲気を持ち、ハイカラで西洋的な道具仕立て。少し気取った物腰をごく自然とまといつつ、どこか人懐っこい人たち。吉田篤弘が神戸を好きだ

もっとみる
ありがとうございます!次の記事もスキを押してもらえるようがんばります!
13

金魚のまち、奈良県大和郡山市(その2)

前回の続きです。 (※有料記事ですが、全文読めます。)

奈良県大和郡山市は金魚のまち。マンホールの蓋も、金魚!しかもカラー!

商店街には、「猫窓」もあります。商店街の建物の窓越しに猫を愛でられる、という「猫窓」。その日、何猫見れるか、で、占いができます。

その名も、「やなぎまち猫神籤」!

新聞記事にもなってました。

私が行った時は、お一人様でしたので、「末吉」でした。(天気が良かったので

もっとみる

金魚のまち、奈良県大和郡山市

奈良県大和郡山市は、金魚の街として有名です。街中を車で走ると、「金魚」の文字をたくさん見かけます。

そのなかでも、柳町商店街にある「金魚ボックス」。なにが「ボックス」かというと、「電話ボックス」なのです。

電話ボックスのなかで金魚が泳いでます!

場所ですが、K Coffeeという、ガソリンスタンド跡地を利用したコーヒーショップの角にあります。

ここは、映画の撮影場所としても利用されています

もっとみる