小説好きさんとつながりたい

災難は突然

いつもの時間、いつものコンビニ。朝8時過ぎに、私はコンビニでコーヒーとその日のお昼用にサンドイッチを買う。
学食は混むし、少食なわたしには量が多くて食べきれない。学生が食べ盛りなのは、高校生までじゃないかしら。20歳過ぎて、拳サイズの唐揚げ数個に、どんぶりご飯。それがデフォルトなんて、勘弁してほしい。

いつものように玉子サンドを取りレジに並ぶと、私の背後から「うきゃー」と声がした。
甲高い声に振

もっとみる