夢を叶える場所は決まっているのかどうか。

東京じゃなきゃ、夢が叶わないって思ってた。

なんとなく、ネットやSNSで活躍している有名な人たちは、東京に住んでいるから。

生まれも育ちも田舎だった私は、東京に住む人が幼い頃からとても羨ましかった。

将来は、絶対に東京に住むと決めていたけれど、今はどうだろう。

東京に住めてないし、相変わらず行きたいイベントは、東京の方でしか開催されてない。

そんな悔しい思いを未だに抱いている。

・・・

もっとみる

【レモネードスリーパー!!の〝考察力〟】

(12)

人気ライターの「武田砂鉄さん」の作風って、要するに「揚げ足取りの雑談の文章」なんですよね。会話に近い。だから、ラジオもイケる。でも、コント。脚本的なんですね。武田さんの弱点としては「真理を述べない、雑談で終始する」ですかね。

サンキューベリーマッチ!!(「南雲!」を連呼しながら獣道を歩きつつ!)

【ねとらぼ交通課で記事を書きました】祝・神奈川県道603号(上粕屋厚木)が開通! 「一番乗り」で通ってみた(徒歩で)

書きました。

ねとらぼ交通課で企画っぽい記事を書きました。

地元にあたらしくできた県道をざっくり解説して、ついでに開通当日の様子も見てきたよ、って記事です。

インフラオタクを自称しているのです。
要するに電車やクルマの車両には興味がないのですが、あたらしい駅や線路、道路の開通。
あとは新車が走ることによって最高速度が上がってスピードアップするとか、新幹線の車内で充電ができるようになるとか、ダ

もっとみる
今日のラッキーnoteは少年Bですって!おめでとうございます。
5

2019年7月19日(金)の業務日報

・ブックライティング 2時間 160文字
・あたまナビの原稿1本校正、ライターさん手配
・「ライターお悩み相談室」10月開催の内容を詰める
・父親のコラム原稿1本 校正
・ブログ 1本更新
これからの人生が豊かになる!寒竹泉美さんの「小説講座」に行ってきました!

ブックライティングの原稿…。削って書いて削って書いてたら、160文字しか進んでないぜ。

小説講座のことをどうしても記録しておきたくて

もっとみる

推敲しているときが好き

たった今、今日の分の仕事が終わった。
もうこんな時間だ。
あやうくnoteが書けないところだった。

ライターとして仕事していくなかで私が一番好きなのは、書き上げた文章を推敲しているときだ。
誤字・脱字がないか、表記ゆれはないか、集中しなければならない作業だ。
プレビュー機能があれば、実際の画面で画像と文章を最終チェックする。
私は集中はしているものの、やっと記事を書き終えたという達成感の中でリラ

もっとみる

2019年7月18日(木)の業務日報

・某ライフサイエンステックベンチャーの原稿作成3時間 完了!
・旅行系サイト記事作成6時間 未完了……

今日はいろいろあって疲弊した……。でも、良きご縁もありそうな。

7月19日(金)にすること
・某企業社長インタビュー1時間程度(神戸市内)
・旅行系サイト記事作成のための店舗取材(神戸市内)
・オンラインミーティング(神戸ー東京)

店舗取材、朝イチで行けたらいいなぁ。でも企業のトップに取材

もっとみる

お影様で

拝啓 のまれてしまった大人たち

「愚か」と私を指刺す大人たち、どうぞご自由に。
あなたたちに傷つけられることで、私は他人に優しくなれるのです。

上手く生きられるようになる、ということがすなわち、大人になる、ことならば、

純なものだけで選択をして、痛い目見ちゃう、子どものままで、私はいいよ。

「愚か」な汚れてしまった大人たち、どうも有難う。
あなたたちに抗うことで、私は私を正し、信じら

もっとみる

2019年7月17日(水)の業務日報

・某ライフサイエンステックベンチャーの原稿作成4時間 未完了
・読書『ブスの自信の持ち方』1時間

「難しいことを吟味したことばでわかりやすく」「つかんで引っ張って落とす」を相変わらず考え続けている。

* * *

選書記事を担当しているクリスクぷらすで最新記事が公開されました。
人はなぜ食べるのか? 「食べる」の意味を考えるヒント本5選

今回のテーマは「食べる」。食べることの大切さや、食べる

もっとみる

2019年7月17日(水)の業務日報

・ブックライティング 取り掛かれず
 ・同志社女子大での授業「編集技術」の14回目の準備
・note 1本更新
私の夫は私が夜でかけても怒らない。

ブックライティングの原稿になかなか取り掛かれない。取り掛かるまでに、そこまで気持ちを持っていくのに時間がかかる…。

で、ふと、なんか書きたくなってnote を書く。その後、夕飯のチキンとトマトの煮込みを作り出す。授業準備をする。そうこうしているうち

もっとみる

私の夫は私が夜でかけても怒らない。

月刊マガジン「京都くらしの編集室」に記事をいれるため、有料にしていますが、最後まで無料で読めます。

月刊マガジンでは、こんなことをつらつらと書いています。

1ヶ月500円で約20記事くらい読めるので、月額購読の方がずっ〜とお得になっています。

よかったら、ご購読お願いします〜!

✄------------✄-----------✄

「お母さん」というものは、夜出かけることがあるなら、夕飯

もっとみる