少林寺

【たなまち農園日誌 20190609】〜年の差関係なく尊敬できる人〜

この日は、少林寺拳法の大会。

僕が出場した種目は、組演武といって、パートナーとなった相手と、指定した型を織り交ぜながら、自分たちで構成をつくるというもの。
ちょっと伝わりにくいですね。

ようは、少林寺の技を駆使しながら、パートナーと戦うんです。

今回の僕のパートナーは、高校2年生。
ちょうど一回りのほどの年の差だ。

パートナーとなった当初(今もだけれど)、その実力は雲泥の差。

彼と組ませ

もっとみる

少林寺を否定する第二の文化大革命

■少林寺の伝統が消える
 中国共産党は伝統を受け継ぐ少林寺も歴史から消そうとしている。少林寺は中国武術の象徴。少林寺が受け継ぐ伝統を根底から否定し、中国人の価値観を消す悪行ではないか。

少林寺の武術学校が中国政府の取り締まりの標的になる
https://jp.bitterwinter.org/martial-arts-schools-forced-to-take-red-road/?fbclid

もっとみる

文化大革命復活と人権弾圧

■復活する文化大革命
 中国共産党は文化大革命を復活させている。おそらく習近平主席になってから復活させたように見える。過去の手法を使うと同時に、現在の技術も使った文化大革命が行われている。

中国・文化大革命の復活:「村の拡声器」を通じて宗教を弾圧する
https://jp.bitterwinter.org/religious-tyranny-return-of-village-loudspeak

もっとみる

文化大革命を再開する中国共産党

■文化大革命
 文化大革命は中国の伝統文化を否定した。社会主義・共産主義を基本とする中国共産党は宗教否定した。これで多くの仏像が破壊された。伝統も社会主義・共産主義に適合しない理由から否定された。

■文化大革命再び
 習近平主席になると文化大革命が再開されたように思える。習近平主席は毛沢東を尊敬しているようで、毛沢東と同じことをしている。それだけ社会主義・共産主義を精神的支柱にしている人物。

もっとみる

千住街道をゆく

一応タイトル『散歩道』ということで、それらしい内容を。

吉原から北千住のキャバクラまでおさんぽするには、千住街道という一本道を歩くことになる。

約小一時間。

寺社仏閣が多いです。

この間、台東区~足立区までの間、メインは荒川区になるのだが、実はその荒川区、福井県と縁が深い模様。

福井から大阪の適塾で学び江戸に出てきた医学、蘭学、思想学者の橋本佐内もこの地に腰を据えたそう。

江戸時代、越

もっとみる