愛唄約束のナクヒト

この1年くらいの仕事まとめ ※適宜更新

最近「何やってる人なの?」と聞かれることがよくあるので、お仕事として携わっているものをまとめていくことに。元々twitterで適宜発信していますし、モーメントでまとめていたのですが、どう考えてもこっちのほうがみやすい気がしてならない…!ので、同じものですが、改めてまとめなおします。

これらはあくまで表に出ているものでしかなく「何やってる」のほんの一部分でしかありません。宣伝部というわけではないの

もっとみる

第7回週間映画興行収入ランキング(2019年1月第4週)

【第7回週間映画興行収入ランキング(2019年1月第4週)】

「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。
また、「2019年映画興行収入ランキング」も是非1度ご購読ください。

映画業界で発表される数字、ランキングといえば興行収入ですが、以前(1999年まで)は配給収入が発表されていました。
興行収入とは、映画チケットの総販売金額です。
配給収

もっとみる

『セカチュー』感ある『愛唄 ー約束のナクヒトー』

2019年公開映画13本中7位。

号泣必至かと思ったけど、ちょい泣きで終わった(笑)
内容としては、病気と闘いながら、自分の人生を懸命に生きるという、
いわゆる『セカチュー』的な映画。
邦画の純愛映画って、主人公かヒロインのどちらかが病気
っていう設定をよく見るけれど、今回もまさにそれでした。
(ちなみに『セカチュー』を出したのは世代的なものであって、
 人によっては違う映画を出すんだと思う)

もっとみる

『愛唄ー約束のナクヒトー』『十二人の死にたい子どもたち』から考える。“今”は“今”しかない

先日、『愛唄ー約束のナクヒトー』の舞台挨拶に参加し、今日、『十二人の死にたい子どもたち』を観てきました☺︎
『生死について考えさせられました!』
なんて言葉じゃ収まらないくらいのメッセージ性。この先は、映画を観た人だけでなく観てない人にも読んでほしいです。(ネタバレ多少含みますので知りたくない人はおすすめしません!)

【私が2つの映画を通して考えたこと】

“今”という時間の大切さ

私達は過去

もっとみる

「愛唄 -約束のナクヒト-」

監督:川村泰祐
製作国:日本
製作年・上映時間:2019年 126min
キャスト:横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、中村ゆり、野間口徹、成海璃子

 映画を殆ど観ない方であれば楽しむ部分はあるかもしれないが、少なくとも大人は観るに堪えない感がある。
 恒例の一か月フリーパスの期間は、本来なら観ることもなかっただろう作品にも時間が許す限り観ることにしている。これはこれで収穫がある。

 GReeeeN

もっとみる

第6回週間映画興行収入ランキング(2019年1月第3週)

【第6回週間映画興行収入ランキング(2019年1月第3週)】

「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。
また、「2019年映画興行収入ランキング」も是非1度ご購読ください。

映画業界で発表される数字、ランキングといえば興行収入ですが、以前(1999年まで)は配給収入が発表されていました。
興行収入とは、映画チケットの総販売金額です。
配給収

もっとみる