「桃太郎(短編小説)」

絶海の孤島である鬼ヶ島に小船をつけると、桃太郎は鬼の島に上陸した。
お供の犬、猿、雉もそれに続いた。

 桃太郎はその目で生きた鬼を見たことがなかった。村には伝承として伝わり、祀られている鬼の首があった。もう何年も前に子供を浚いに来た一際大きな鬼を村人たちが総出でかかり、討ち取ったのだという。鬼の力は強力で、大の大人が10人でかかっても仕留めることが難しかったと聞く。

 鬼は人を食うとされていた

もっとみる

私たちにできる事

平成の治世が終わり、新しい令和の時代がやってきました。

平成は実にたくさんの出来事がありました。悲しみにくれる様な事件や事故、そして災害も多くありました。
日本の経済状況は、ご存知の通り80年代バブルを通過してこれを異常に加熱した景気と見誤った日銀による利上げが資産バブルの崩壊を呼び、それがディスインフレそしてデフレへと続くまさに人為的に生み出された「下り坂」を国民が味わうという憂き目も見て来ま

もっとみる

朝鮮学校美術部の炎上問題から拉致問題を更に考える。

朝鮮学校で美術部の発言が炎上した事件で何がいけなかったのか?と再び考えてみた。

 拉致問題に関する無理解がTwitterの炎上という事件をもたらしてしまい、日本人と在日朝鮮人の間に再び溝を作ってしまったと思う。

 お互いの無理解と誤解の溝が深まらないままに拉致問題も解決できない一方で民族差別が報復のように横行すればお互いに不幸なままである。

もっとみる

拉致問題で安倍首相がトランプ大統領に頼んで解決を望んでいるという態度に失望感が大きくなった。右翼保守陣営からも日本政府の拉致問題を巡る対応の不甲斐なさにはため息。北朝鮮の核問題でも日本抜きの5カ国協議で日本は蚊帳の外だ。