数値管理

部長の視点から見る売上を改善する3つのポイント【ブラック企業の社内報vol.16】

こんにちは!
またまた会社でダンスを踊ることになりました。
TBSで新垣結衣、星野源が出演しているドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングで踊っているダンスがかわいい!とネットで評判になったことがきっかけです。
がっきーはかわいい。
それを踊れたら私もきっとかわいい。
・・・高校時代に友人に「やる気がなさそうに見える」レッテルを貼られた私のダンスですが
可愛く見えるように精一杯練習したいと思

もっとみる

押さえる数字を決める

前回の続きです。

全体の売上、粗利益、人件費etcがわかっても、

その数字で次のアクションプランは作れません。

それよりも大事なのは・・・。

例えば、

1,000円の商品Aと500円の商品Bがあるとします。

この商品Aを20個、商品Bを20個で、

1か月30,000円を売り上げる計画を立てたとします。

営業活動半月で実績確認した時に、

商品Aが7個、商品Bが12個売れていたとしま

もっとみる

計画を立てる

数値計画って立ててますか?

大きい計画は立てていますよね?

例えば純利益はいくらとか、

経常利益はいくらとか・・・。

売上高、粗利益、人件費、施設費等々・・・。

全体の数字は作っておられると思います。

PDCAサイクルというものがありますが、

このサイクルを回すためには、

もう少し数字を落とし込まなければいけません。

そのやり方をこれから書いていきますね。

数値分析

皆様の会社(店舗)では、

数字をうまく活用できていますか?

よくありがちなのが、

その時々でいろんな数値を出してみて、

その数値結果でまた新しい施策を行うという・・・。

はっきり言いまして、

数字と言うのは、

ある程度通期で追っていかないと、

実態が見えません。

あと、

計画無しで数字だけ追っても、

何もわかりません。

数値管理する時は、

①まず数値計画をキッチリ立案する

もっとみる