木星射手座についての自己考察

ここ最近、仕事(本業)が忙しくて、何にも力が入らずに、奥村まゆこさんのラジオ(主に松村潔先生)と占いラボの動画をみてました。

通算4日で10時間以上かな??

いろんな人の解説を聞くと、あらたな視野が広がり勉強になります。しかも、わかりやくておもしろいです。

で、ラジオを聞きながら、改めて自分のホロスコープをみて、分析してました(*'ω'*)
見方を変えるといろんな見方ができて、まだまだ深堀で

もっとみる

夢は見るもの魅せるもの

《 だれでも、自分特有の楽しさを追求しなくてはならない。これやってたら死んでもいいよというものが絶対に必要です。》

占星術の第一人者でもある松村潔先生が、今朝のFacebookの記事で力強いメッセージを書いて下さっていました。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2782748395283826&id=100006460780416

普遍性

もっとみる
♪明日も希望も いらぬほど わが身うばう 恋でした『睡蓮』
16

タロットカード、とヴェーダの世界

タロットカードは苦手です(爆)

中学校の文化祭で、タロットカードを出し物でやってるクラスメートがいて、興味本位でやってもらったんですけど、死神と悪魔という、見るからに怖いカードが一気に出て…

こわいよぅぅぅ( ;  ; )

と、13歳くらいの幼気な少女には刺激が強過ぎました…(笑)それ以来、一切ご無沙汰。

しかし、最近、タロットカードを真剣に学んでいる女性と出会ったので、トリビュート的に考

もっとみる

タロットパスワーク0愚者

自己流でやっていたパスワーク。やっと松村潔先生の『タロットパスワーク実践マニュアル』を買ったので、付属の誘導音声付きバイノーラルビートCDを聞きながらやって見ました。しっかりとビジョンの中に入り込めて、とても面白かった。毎朝、松村塾で松村先生の動画を聞いていて、先生の声に馴染みがあるのもよかったのかな。

0愚者

『愚者は崖の上にいる。少し歩くと海が見えた。岩場の海岸を降りていくと、砂浜に小さな

もっとみる

惑星探索 土星 27-Jul-2017

昼寝起き抜け、水晶を見ながら。

 土星 「五輪塔 寺院の駐車場、談山神社ということば」

 調べたら、談山神社は藤原鎌足公を御祭神にしているらしい。何度かお参りしたことがある。五輪塔は、町石道の。五つの元素を表している。

南十字星からカノープス探索 27-Jul-2017

松村潔先生(matsumura31さん)がnoteで販売しているバイノーラル誘導音声を聞いて行ってみました。これは楽ちんだ。

 アクルックス ゆりの花のようなものが中央で束ねられて、球状になったものの上をポンポンと歩いていく。寝転んだり。足をズボッと入れてみたりする。直径は2メートルくらい。楽しい。次にふ菓子でできたみたいな茶色い球体に移る。これもそんなに大きくない。バランスボールに乗って足で転

もっとみる

松果体の開発が先決

松村先生によると、水晶や黒曜石を見ながら出てくるエーテル体をキャンバスにしない限り、出てくるイメージはほとんどがファンタジー、イマジネーションの範疇を出ない。バイノーラルビートだけで探索しても、9割方妄想ということ。

 松果体を開発して、エーテル体を安定して見ることができるようになれば、そこに妄想の入り込む余地はないとのこと。でも、肉体開発には時間がかかる。それまで根気よく続けるしかない。

 

もっとみる

惑星探索(火星、木星、土星)26-Jul-2017

火星「白足袋を履いた草履の足元。鳥居に続く山道、岩岩。鳥居のもっと上にいる神さまが変える手助けをしてくれる」途中、祖母からの電話で中断。

木星「鹿のような熊のような動物の顔。中沢新一というキーワード。空港ロビー、広い窓ガラス、白髪のおばあさん」

土星はクリックアウトして覚えていない。

惑星の探索(月、水星、地球、金星) 25-Jul-2017

バイノーラルビート。

 月「ハルソーテストという単語。海岸、透き通った波打ち際、砂浜、白い貝殻がいくつか」

 ハルソーテストって何。調べてみると、スターウォーズに出てくるHalthor Sector?

水星「宇宙のなか、白いグリッドのなかを通過していく。大柄な白人女性、白いワンピースを着ている。金髪。驚いて胸に手をやっている。小さな甥が駆け寄って、おばさんの体にまとわりついて上空へ抜けていく

もっとみる

アクルックス探索 19-Jul-2017

カノープスに続いてアクルックスへ。

「大きな白い光を中心とした大きな金平糖のようなのを宇宙空間で眺めている。ほかの人に続いてその中へ。

大きな川の渡し場所。菅笠姿の旅人がたくさんこちら岸にいる。それを上空から眺めている」