【折り紙】#3 たこの基本形

#3 たこの基本形

形が洋凧ににているところからこの名前がついたそう。
アイスクリームに見立てられることもあるらしい。
(ずいぶんと食いしん坊な人が見立てた気がする)



014.水鳥Ⅰ

015.水鳥Ⅱ

016.おひなさま(おびな、めびな)

017.ほかけぶね(フーフーヨット)

うしろから吹くと、すい~っと前に進む。

018.スコッチ・テリア(佐野康博)

ちなみにスコッチ・テリア

もっとみる

綺麗な思想に憧れる

浮かんでいる
湖にうかんでいる。

空を飛ぶことのできる
鳥がやってくる。

じょうずに
着水するのを眺め

自分とは
違うのだと知る

その鳥たちは
水の上を
すいすいと進む

なめらかな
進み方に

自分の
たどたどしさを知る

けれど
けっして想わない

その鳥たちが
どんなに美しく
進もうとも

綺麗に
空から水に
着水したり
また力強く
空へ羽ばたいていく
様子をみても

自分という人を

もっとみる

道路を走っちゃアブナイよ 川鵜ちゃん

この宇田川河口(淀江町 鳥取県米子市)と周辺の淀江海岸に集まる川鵜達。

 宇田川ではアユの放流や養殖もなく、鉄砲の使用は厳禁なため、川鵜達は安心して魚獲りができます。
 難を言えば、宇田川は2級河川で川幅も狭く水量も少ないため、魚の数も豊富とは言えません。

 そのためこのあたりをテリトリーにする川鵜の数は7羽程度。
その中の4羽は私に懐いていて、手から魚を食べます。
 でも、川鵜の寿命は10年

もっとみる

白鳥やアヒル達と見た「淀江花火大会」

やはり夏の思い出といえば「花火大会」。
今年も8月15日には「淀江町盆踊り花火大会」が行われます。

 山陰・淀江町の宇田川河口の東岸(鳥取県米子市)で行われますが、盆踊り大会のあとに行われる
 ①夜の浜辺でのベリーダンス
 ②水中花火や打ち上げ花火
が目玉で、この田舎町に1万人以上の観客がつめかけます。

 宇田川河口の東岸は、盆踊りなどの主舞台ですが、実は西岸側が2kmの長さの幅広い護岸道路で

もっとみる
有難うございます💕他の作品も見て頂けると嬉しいです🥰
4

癒しの天国・淀江町 夢うつつなトリ仙人

宇田川河口の護岸道路を歩いていると、上空をハト達やウミネコが旋回。

 突然、すぐ横のガードレールに黒い物体が飛来して着地。ウーちゃん(川鵜)がバランスをとりながら私を見つめています。

 右肩の斜めすぐ上では、ウミネコがホバリングして私の様子をうかがっています。手の平にエサを載せると飛び乗ってエサをバクバク。

 ウミネコやハト達が道路に着地して、私を取り囲みます。

 去年までは、これにコブ白

もっとみる