【2019年10月20日】夫婦旅行二日目

夫婦旅行二日目は、宿泊させていただいたご夫婦と一緒に四日市から那智勝浦へ移動しました。朝8時に四日市を出発して、4時間かけて那智勝浦に到着しました。着いたのがちょうどお昼だったので、ランチに向かいました。

那智勝浦と言えば、やはりマグロですね。絶品のマグロと生まれてはじめてクエのお刺身を頂きました。非常にあっさりしてて美味しかったです。その後、近くのにぎわい市場を散策しました。

それから、今回

もっとみる

他でもない自分自身で

もうどれくらい進んだだろう?

果てしなく続く熊野古道の途中、息を切らしながら私は立ち止まった。

歩き始めた時は凍えそうなくらいだったのに、今はもう汗ばんでいる。

振り返ってみると、今まで登ってきた道が延々と続いていた。

ある程度整備はされているが、結局は山道。

少しでも余計なことを考えていると、あっという間につまづきそうになる。

ひたすら次の一歩に集中して、そしてここまで来た。

これ

もっとみる
うれしいです!!スキです!!
12

和歌山で、キムタクに出会えなかったお話

今回は、和歌山旅行について。

おすすめのアプリで
「経県値」というものがありまして、
白だった和歌山を、赤に塗りつぶしてきました。

※「旅行好き」と「全国出張型OL」が
掛け合わさると、日本列島が、
こんな感じに血まみれになります。

和歌山というと・・・
えーっと、和歌山といえば・・・

そんな感じで訪れた和歌山。
かつ、台風前でハチャメチャでしたが、
メチャクチャに楽しかったので、以下に記

もっとみる
うれしいです、ありがとうございます。
11

怪獣No.0048:ご当地怪獣ウメボーズ(和歌山県)

▼マケット(原作フィギュア)を制作するためのデザインスケッチです。

DATA
ウメボーズ 身長:30m / 重量:20,000t
●ご当地:和歌山県
●棲息地:熊野古道
●種類:梅干怪獣
●必殺技:テンジンサマ礫弾
●モチーフ:梅干

PROFILE
「町はずれの道で突然声を掛けられたんです。小さな壺を持ってて、蓋を開けたら梅干しが入っていました」(小学五年生女子 南部町)「時代劇に出てくる虚無

もっとみる

〈へむへむ〉 ひのきのたわし✨

使い心地がよくって✨
とてもおススメです✨✨

日本一雨の多い、三重県尾鷲市のヒノキには防虫防菌成分のカジノールが多く含まれているそうです。その尾鷲ヒノキを薄く削ぎ、ひとつずつ手編みした〈へむへむ〉は、洗剤いらずで食器を洗うことができます。

森を守り、水を守り、海を守る。
そのことにキッチンから参加できると思うとワクワクします。(枝元なほみ さん談)

ヒノキの香りに、参りました~!と言いながら

もっとみる
やった\( ˆoˆ )/
7

ご祈祷の作法

旅の記録:熊野本宮大社でのご祈祷20190731午後2時ごろ

祈祷を受けるまで社務所で待機。 普通はご祈祷の待合所みたいなのがあるんだが、ここは社務所の中だった。
めちゃくちゃ御朱印帳が大変そう。もう御朱印帳商売、繁盛店、休む暇なんてない。
宮司?さん達は別に御朱印帳を書くために宮司になったわけではない。神様に仕えるため、神様に世界平和?何らかの祈りを捧げるために現世に属せず?宮司になったと思う

もっとみる

2019/0719 田村市 超ドマイナー熊野神社のすすめ

※皆さまからの投げ銭で旅をする企画です。今回は小ネタですが、次回のテーマも発表いたします。刮目せよ(`・ω・´)

みなさん地元の郷土史とか各歴史建造物とかありますか?

有名なところですか?観光地になってますか?管理されてますか?

お寺は割と恵まれているというか。

それでも後継者不足、檀家さんの減少でやっていけないところもあったり大変そうです。

一所懸命、お葬式以外のポイントを押し出そうと

もっとみる
˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧ありがとう!
11

Reflection Journal 2019年7月17日 昼

熊野の旅を終えて、帰り路の電車である。
熊野の旅は、LIFESHIFT休暇として最高のスタートであった。今日は、熊野古道の松本峠を歩いたが、沢ガニが大量に出迎えてくれて、本当に楽しかった。ワクワクした。
熊野古道を3泊4日ぐらいで歩いてみたいという欲求が最高潮に達した。娘が落ち着いたら、妻と来てみたい。

1.とろける感じと現実に戻される感じ
朝、ちらっとメールを見てしまい、現実世界に戻される。メ

もっとみる

Reflection Journal 2019年7月16日 朝

昨日は、21時過ぎには就寝したが、6時ごろまで寝ていた。泊っている宿から出る水は利尿作用があるため、夜に何度もトイレに行く。朝起きてすぐに散歩に出る。携帯の電波も届かない田舎なので、誰に会うこともない。そして、熊野は本当に水の国だと思う。あちこちに水が流れて、苔が生している。

1.歩きながら考えたこと
以前のエゴ的な自分主義とは異なっているが、まだ自分軸を捨てきれない自分がいるように思う。質感と

もっとみる

Reflection Journal 2019年7月15日 夕方

今日は、熊野にある赤倉水産さんに宿泊している。リフレクション・ジャーナルをアップしたいところだが、携帯の電波すら入らない場所である。5時ごろから夕食を食べ始め、既に18:30ぐらいには何もない時間に突入である。

1.偶然が重なる
スペインに行くことは決まったが、どこに行こうか迷っていた。行くヒントは、「スペインに通じる道」という点だけである。熊野古道は、スペインのサンティアゴ巡礼の道と提携してい

もっとみる