sushi 11

駅弁のこと考えてみる。私は新幹線とかに乗ってるときに食事するのが苦手なんやけど、人が食べてるのはそんなに気にならない。みんなが楽しそうに駅弁食べて、車じゃないからと缶ビールを1本だけ飲んでる。多分普段の食事よりわくわくしてると思う!駅弁って味がはっきりしてるやつが多そうだし(食べたことないので妄想)、普段なら手が出ない値段でも「せっかくの駅弁だし…せっかくの新幹線だし…」みたいな感じで財布の紐が緩

もっとみる

編集できる仕事でいること

「歴史は繰り返す」って言うけど本当にそう言う流れになりつつある。香港の騒ぎを見るとその匂いを感じるよね。

僕らのイメージだとどうしても映画のような派手な事件が矢継ぎ早に起こってわたわたする感じを想像する。

けど戦時の話を昔の人から聞くに「大変だった、苦労した」と同時に「けど日常を暮らしていた」という話もあるわけで事実は多層的で複雑な色合いを持っているんだろう。

つまり自分自身もウェブという媒

もっとみる
ありがとうございます。マジックポイント回復しました。
8

【熱中症対策にも】無添加☆ウメパワプラス

みなさんこんばんは♪

響子と申します^ - ^☆☆

有楽町交通会館内のアンテナショップ

『わかやま紀州館』にて

こんなものを発見しました♪

 

『ウメパワプラス』

なんと原材料は梅と塩!

以上。

私は干し梅が大好きですが、たいてい人工甘味料が入っており控えていました。

こんなにシンプルで無添加の干し梅があったなんて✨

熱中症対策としても水分と塩分が大事!

梅のパワーを借りて

もっとみる

パンナコッタ with シャインマスカット

一度外に出てみて分かるのは、新鮮な野菜や魚介類、フルーツはどこにでもある訳ではないということ。

子供の頃、和歌山は単なるど田舎だと思っていたが、いろんな経験をして戻ってみると、実は良い場所だと気付く

近くの農家で作った野菜が手に入ったり、魚も朝から漁師さんが近くで採ってきたものがスーパーに並んでいる

その上、安い

特にフルーツは豊富で、今なら桃、すもも、ブルーベリー、梨等が農家から運ばれて

もっとみる

和歌山での再会

もう何年のお付き合いになるだろう。
和歌山で教員をやっている友人がいる。
最初のきっかけは、先生方の勉強会で講演させてもらった時。

数年前には大阪でカメラマンをやっている、元教え子を紹介してくれて、分野も違うし、大阪の友人が一人増えた。

和歌山を訪れる度に、ご自宅にお邪魔していて、今回も家族と一緒の食事に誘ってもらった。

僕はこの家族が大好きで、パパさんは物静かで優しい人。
僕のようや部外者

もっとみる

和歌山での講演

ご縁あって、全国で一番講演に呼んでいただいているのが和歌山県。

大きな会場で講演させてもらった。
毎年、声をかけていただけるのが嬉しい。

講演後は、大阪へ移動する予定だが、友人の先生に誘ってもらい、久しぶりの和歌山ラーメン。

僕が食したラーメンの中でもトップクラスの味の濃さ。
味が濃い地域で生まれ育った僕としては美味しくいただける。
そんな僕でも濃いと思う。
久しぶりに食べると美味しい。

もっとみる

sushi 10

一人で大阪に来ると、必ずと言っていいほど迷う。梅田でも、難波でも、天満でも、天王寺でも。Google Mapがゼンリンと契約を解除してからというもの、現在地を示す矢印はひたすらグルグル回り続けて、わたしを目的地には連れていってくれない。都会には広告トラックが走ってる。あの有名なバニラトラックのせいか、全部いかがわしいものに見える(それがミスチルだったとしても)。ちなみに、和歌山だと軽トラのバニラト

もっとみる