現代魔女術

干支繰り

UPHYCA

00:00 | 00:30

中村タケさんという青森県のイタコさんの唱えごとを膨大に収録した資料集を入手しました。その中で唱えられていた一つが、この十二支のお唱えです。十二支は方位や時間を表しますがもちろん年にも現れ、これが独立し日本人なら皆大抵自分が何年生まれなのか把握しているほど、個人のアイデンティティに結びついた象徴となっています。このお唱えは、場と時を整えつつ、その場に居合わせた全ての人々を順に呼んでつなげていくための

もっとみる
00:00 | 00:30

UPHYCA5周年を記念して、UPHYCA神話の物語を谷崎が語りました。

『はじめの女神の語り』は、創世神話となっており、前半は日月星、歌夢印といったものがいかにして生まれたかが、そして後半は『儀式の誕生』が語られています。

この神話にはスジはありますが定型はありません。
UPHYCAの巫女も、そうでない方も、自分の語りやすい言葉にかえて、語ってください。
寝物語はもちろんのこと、たとえばスト

もっとみる
00:00 | 00:30

歌詞 :万年祭の祈り歌より
日本語歌詞:LAGABO
作曲:LYLA
歌:SAKUYA

『ネイティブ・タイム―先住民の目で見た母なる島々の歴史』の中で見つけた、一万年祭という祭で唱えられたというアイヌ語の祈り歌に、ウフィカの巫女がメロディをつけ、歌いました。日本語訳は、私が意訳したものです。上記の書籍によると、万年祭という祭が1990年代に開催されたのだそうです。今も続いているのでしょうか?祈り

もっとみる
00:00 | 00:30

九星の象意を歌いながら、場を整え、紐に祈りをふきこめます。

《歌詞》
ひとつ ひみつの みずをのみ
ふたつ このとち たがやして
みっつ きこえる とりのこえ
よっつ かぜふき あなたとであい

いやさかいやさか いまここに

むっつの つつみ かかげたら
ななつ みこたち よろこびうたい
やっつの いかづち やまにおつ
ここのつ ここに おりませかみよ

あそびめ

UPHYCA

00:00 | 00:30

UPHYCAの巫女の世界観を歌っています。
リズムはイザイホーから、歌詞はユーカラやおもろさうしから拾い上げた単語と日本語を継ぎ合わせています。巫女が集まると、歌詞に合わせた『しぐさ』とともに輪唱します。
演奏は三叉四尖堂によるハングドラム。

2018/3/20@銀孔雀

土の神

UPHYCA

00:00 | 00:30

UPHYCAの巫女のためのあそび歌。
五行を順番に相生させて行って、最後はまほうの土玉をねり、中央に置いて、おしまい。
指先の経絡を刺激しながら歌います。
子供の声やら着信音などの雑音入ですいません。

《歌詞》
だれそかれそ つちのかあさまだれそ
つちのかあさま ひのかみよ
だれそかれそ ひのかあさま だれそ
ひのかあさま きのかみよ
だれそかれそ きのかあさまだれそ
きのかあさま みずのかみ

もっとみる