8月31日の夜に

Eテレ「#8月31日の夜に。」を視聴して

7月17日に放送された、Eテレ「ハートネットTV」の「#8月31日の夜に。」という特集を観た。

同番組サイト内の日記帳に、10代の方たちが綴った「生きづらさ」。

社会が暗黙のうちに突きつけてくる「こうあらねばならない」みたいな重圧が、彼ら彼女らを苦しめているように思えた。

それに加えて、その重圧への不満を抱くことは許されず、苦しみの原因や責任を、自分自身に押し付けさせられているようにも見えた

もっとみる

他人や自分の「命を絶つ」ことが好ましくないのは、それ自体が遺族や目撃者に対する「呪い」に他ならないからだ。
たとえ当人にそれ以外の“逃げ道”がなかったとしても、周囲の当事者には生涯消えない“心の傷”=「生存者の罪」が刻まれてしまう。
https://note.mu/3rings/n/n057bb9363db4

なんとお目が高い!😲 よろしければフォローと他の記事もどうぞ。😉✨

Kの粒子—アルファーnoter、Kのススメ—

鉄の乗り物が嫌いだ。

輪っかを握る手を、たった5センチ動かすだけで、人を殺せる。そんなものが、命同士の肩をすれすれに飛び交う。

今日も、人が死んだ道路をゴシゴシと洗って、またその上に無数の鉄の車を通らせる。

鉄の乗り物がひしめき合うからこの世界が嫌いだ。

Kさんを知ったのは、今から10ヶ月前、2018年の9月のことだ。

私は、その年の8月にnoteを始めたばかりで、 #8月31日の夜に

もっとみる

8月31日のこと

私には毎年、こころがざわざわする日が2日ある。

1つは3月11日。生粋の東北人なので、ね。それについてはまたどこかで。

もう1日は、8月31日。夏休みの最後の日。

ちょっとだけ昔話。

高校3年生の秋。朝、電車に乗って学校に向かう途中、電車がいきなり止まった。何かにぶつかったらしい。

「人の足のようなものにぶつかったと情報があります。現在安全確認を行っています。…」と車掌のアナウンス。しか

もっとみる

夏風が匂う夜と箱の中にて

明日は珍しく学校が休みだ。僕の中で心が疼いて、今、すぐにも踊りだしそうな気持ちの高ぶり方をしている。そんな夜に音楽を聴こうと思い立ち自分の持っているCDたちを眺めてみる。しかし、そこには今欲しい曲は居なかった。

そこで、youtubeを開いて最近投稿された曲から聞こうと思った。因みに僕が好きな音楽は夜を感じれる曲だ。朝よりも夜。そんな感じで色々聞いてみたが中々好みの曲に出会えずに一時間が経過して

もっとみる

せ〜の!

小学校の時の面白おかしいエピソードを書きましたが、本来は、笑い話にできない話ですけどね。楽しく読んでいただけるとありがたいです。

●最高裁判所裁判官国民審査にヒントを得て…

前置きとして、小学5年生に新しい学校に転校した(居住地が変わった為)のですが、旧学校が、30人二学級に対し、新たな学校は、ひとクラス、な、な、なんと、40人学級。

せっかく空気の美味しい、緑あふれる、田舎の学校に引っ越し

もっとみる

ずっと、世界が楽しいなって

乳幼児を保育という、かなり原始や自然と共にある生活をしてわかるのは、学校でも会社も、どんな理由であれ嫌なのに毎朝行くことは異常極まりないこと。

それは自然の生き物で無くなってしまうこと。死に近いこと。

それと同時に、美しい鳥が進化した羽を誇示したくなるように、人間として進化した脳を使いたいという欲求もまた、強固な自然。そして、役に立つと思われたい欲求も自然。

要するに、毎日起きるのが楽

もっとみる

処女作品 8月31日の夜に

ありすぎる、ありあまった行きたくない。
学生たち、そして先生も、日々悩まされる今日この頃。悩みに悩む理由づけ。罪悪感で言えないけどなんだかんだ行きたくない。

学校に行きたくないの。

私は学校に行きたくないの。

友達がいないから?
いじめられてるから?
先生が怖いから?

違うの。学校に行きたくないの。

以下は学校の保健室の先生が言っていたこと。

「ここに来る子達は体調が悪いと

もっとみる

「不登校」に思うコト

私は不登校は「問題」ではないので「解決」や「治る」という表現は違うと思ってます。

不登校は「問題」ではないし「学校」は行きたい人が自ら「行きたい意思」を持っていく場所だと思う。

最近は「行かない」選択を受け入れている方も多い。

ただそんな方でも「学校以外の学びの場」が必ず必要で、場に属する必要があると考える方が多い様に思う。

それ、必要ですか?

それ、ホンマに子どもが欲しているのですか?

もっとみる