第1話 自分のおとぎばなしの中で生きてます。

私と同じ社会人の23歳の女の子たちが大人になった今でもきらきらとした夢を持っているかなんてことはわからないけれど、私は他の同世代に比べてやりたいことが多い方だ。実際に周りからは、「いつも前向きで明るいよね!」「興味があることなんでもやってるよね。」なんて言われたりするから、やっぱりそうなのかもしれない。

私は、夢って自分が自分のために作り出した“おとぎばなし”だと思う。と書くにあたり、改めてこの

もっとみる

その後のこと

シンデレラ姫って結婚した後、ほんとうに幸せに暮らせたのかしら?と思うことはよくある。身分違いは不幸のもとのような気がするから。適応障害とはいかないまでも、気苦労が絶えなかったんじゃないかしらって。

シンデレラの義理のおねえさんたちは、選ばれなかった不幸を嘆きながらも、なんだかんだいいながら、義理の妹が王子の嫁さんなのよ!なんて自慢話しながら、けっこう逞しく生きていったかもしれないな、と思ってみた

もっとみる

太陽と北風

桜も散った東京。

本日は、23℃ありました。

日中は、上着を着てると汗ばむ陽気。

外人は、Tシャツ&短パンです(すでに、ちょっと前から)

デブは、生姜とネギの青いところを入れた湯で茹でたい程に、もう、しっかり臭いです。

電車内には、軽めの冷房。

私は、ファミレスに入りました。

けっこう低い温度設定のクーラーが効いています。

これ、現代版「北風と太陽」です。

いや、「太陽と北風」で

もっとみる
00:00 | 00:30

UPHYCA5周年を記念して、UPHYCA神話の物語を谷崎が語りました。

『はじめの女神の語り』は、創世神話となっており、前半は日月星、歌夢印といったものがいかにして生まれたかが、そして後半は『儀式の誕生』が語られています。

この神話にはスジはありますが定型はありません。
UPHYCAの巫女も、そうでない方も、自分の語りやすい言葉にかえて、語ってください。
寝物語はもちろんのこと、たとえばスト

もっとみる

レディー・シンデレラ

舞台は寂れた塔の中の一室、テーブルと簡素な白いベッドが端にあるだけの、狭いレンガ造りの部屋。格子も戸もないむき出しの小さな窓の外は雨が降っている。

シンデレラ:(薄汚れた白いうさぎのぬいぐるみに話しかけて)ねえ、シャルロット。あの人はいつ帰るかしら?

シンデレラ:……。(シャルロットの首をゆっくり傾けさせて)そうね……。今日も帰ってこないわね。

シンデレラ:シャルロット。私考えてしまうの。ど

もっとみる

どうわ『ルリとノリ』3 かいがら

なみうちぎわでは、さらさらと すなが うごきます。すなのあいだに さくらいろの ちいさなかいや、しろとちゃいろの しましまもようのかいが みえかくれします。ルリは さくらいろのかいがらをひとつ、うみごと すくいあげました。かいがらを たいように かざすと、そらがはんぶん すけてみえます。

 ノリは なにやら すなを ほっています。すなに あなが あいていたのです。

「いたっ!」

 カニです。

もっとみる

どうわ『ルリとノリ』2 うたうたい

ルリが うたをうたいます。とてもすんだ、きれいなこえです。ノリは ピアノをひきます。ルリのこえに あわせるのが すきなのです。 ルリは たかいこえから ひくいこえに いきなりさげるのが いまのおきにいりです。あんまり きゅうに おとが あがったり さがったりするので、ノリは びっくりしながら ばんそうします。だって つぎになにがおきるか ぜんぜんわからないのですもの。

 でも、ノリだって いきな

もっとみる

どうわ『ルリとノリ』1 くさむら

ノリは ふわふわのくさむらに、ごろんと ねころがりました。みあげたそらは どこまでもあおく、すんでいます。おおきく いきをすると、すこし しっけたような つちとくさのにおいで むねがいっぱいになります。ねころんだまま かおを みぎにむけると うすむらさきいろの ちいさなはなが さいています。かおを ひだりにむけると しろいろのはなに きいろの ちょうちょうが とまっています。

 ノリは みぎがわ

もっとみる

どうわ『ルリとノリ』 おはなしの まえに

ルリとノリは ふたごの きょうだいです。ルリはおんなのこ、ノリはおとこのこです。たまに けんかしたりも するけれど、ふたりは とっても なかよしです。

 これから おはなしするのは このせかいとは すこしちがうせかいにすんでいる ルリとノリの、ちょっと ふしぎで あたたかい にちじょうです。

 どんな ちがうせかいか、ですって? それは しょくぶつが しゃべったり、うちゅうに いけたりする せ

もっとみる