生きてる価値が見出せない

やりたいことがない人間にとって人生は拷問

生きてるだけでお金がかかる世の中。
でも、自ら生きることを望んで生まれてきたわけではないこの世の中。

やりたいことがあればそれに向かって苦しいことを乗り越えることが出来るかもしれない。

でも、何もない人間はやりたくないことで人生を消費して、つまらないことだけで人生を終えることになる。

人から良く思われたいという見栄を捨てても食費や家賃は必ずかかる。

昔からこの考え方ではないはずだから、どこ

もっとみる

脳みそに痛覚はないらしいけど・・・

脳が痛みを発している。
自分への絶望とこのままではいられない切望を感じる。
涙が出る前の、あの、感情が爆発しているような状態がいつまでも終わらないのだ。

頭からウッ…となる。
吐き気を催している時はお腹からウッ…となる感覚に襲われるが私の場合は断続的に頭からウッ…となる。

そうなると何も出来なくなる。
寝ていても辛いし何かをしようなんて思えない。
ましてや外出は考えにも及ばない。
そし

もっとみる

なんでここにいるの?

皆、自分が大事。
でも、環境によって必ず差は生まれる。

私は相対的であるため比べる対象が増えると差を実感し、自分に価値がないと思うようになる。

対象が狭ければ、地元で1番足が速い人間は沢山いても、それぞれが「私は足が速い」と思える。

しかし、対象が増えれば、コンディションの変化があるので1番は1人になりえないが「私は足が速い」と言える人数はグッと減る。

能力を自らのアイデンティティにし

もっとみる

【ゴーンガール】を見て気がついたこれで簡単行方不明になる方法。

突然ですが、普段生活していて行方不明になりたいと思ったことはありませんか?

私は人生が行方不明ですが、
・周囲の関係全てを絶って、人生を1からやり直してみたい。
・自分が行方不明になった時の周囲の反応が見てみたい。
・人生に波乱万丈さが欲しい。

など、皆さんも1度は考えたことがあるのではないでしょうか?

そんな悩みをマルッと解決します。

まずは【ゴーンガール】のあらすじから。

〜あら

もっとみる

漫画【自殺島】は何の参考にもならない

日々の生活の中で楽しいことが見つけられない僕のような人間は、自殺が頭をよぎるなんてことはしょっちゅうなんですが。

この漫画はタイトルの通りマイナス思考の終着点。

自殺をテーマにしています。

まずはあらすじから。

【あらすじ】(wikiから)
主人公セイは自殺未遂を繰り返した末に、「生きる義務」を放棄した意思を示す書類にサインをする。病院のベッドの上で意識を失ったセイは、目が覚めた時、

もっとみる

生きる価値が見出せない

僕は昔から生きることを強いられているように感じていました。

なぜこのように感じているのか、ハッキリとした理由はわかりません。

もしかしたら幼い頃に沢山のことを我慢させられ、両親ともに「つまらない」と言いながら会社に行き、お金を貰うためだけに働いていたからかもしれません。

私の家は所謂、中流家庭で両親共働きです。

そして、金曜日には
「明日休みだから頑張ろう」

日曜日には
「明日も会社か・

もっとみる

人生を失敗させる方法㊙︎

欲しい物が目の前にあるのに手に入らない時、自分が欲しい物を手に入れてる者を見てる時、人々どうなってしまうのだろう。

ここには2つのパターンがあります。

「俺も必ず手に入れてやる!」
「俺だっていつかは手に入るに違いない!」

こう思えた方は人生を楽しむ才能があるので”人生失敗者”にはなれません。

必ず人生が成功とまでは行かないまでも楽しくて実りのあるものになってしまいます。

人生とは正解が

もっとみる