社会調査

ビット・バイ・ビット

ステップバイステップ。
社会調査が大好き、キノコです。デジタルツールにより社会調査の手法が大きく変わってきましたね、という話と、ビッグデータを用いた社会調査についてです。
有斐閣っぽくない装丁です。

ビット・バイ・ビット -- デジタル社会調査入門
単行本(ソフトカバー) – 2019/5/13
マシュー・J.サルガニック (著), 瀧川 裕貴 (翻訳), 常松 淳 (翻訳), 阪本 拓人 (

もっとみる

Sweets社会調査事務所について

平岡です。

新しく個人事業LIAに社会調査事業部を立ち上げたのでご報告します。


Sweets社会調査事務所

解決相談

 社会調査士 平岡

   相談料 10,000円(解決に至った場合)

                 5,000円(解決に至らなかった場合)

                15分無料 1時間まで

現場調査料 1時間 3,000円

解決斡旋料 6,500円

もっとみる

帰無仮説

仮説が正しいかどうか判断するために立てられる仮説。
否定されることを期待して立てられることが多い。
例えば、一般的にコンサルタントを胡散臭いと思う人が日本には多いかどうかという問いがあるとする。
その場合、帰無仮説はコンサルタントを胡散臭いと思うひとは少ない(もしくは多い)ということになる。

出身地は半分こ

「悪気のない質問も、ある人にとってはものすごく傷付くこと、というのは、よくあることなんです」
と、教授は言った。

「例えば、アンケート上で、性別を答える欄に、男性、女性の選択肢しか無かったら、ものすごく傷付く人が一定数いる。そこに「その他」の選択肢があるだけで、救われるのではないでしょうか。」

と。

社会調査の授業で、社会調査は、統計とか、データ分析とか、そういう数字を扱う技術だけじゃなく

もっとみる

13日目:「オートエスノグラフィー」とは?

【記事を初めて読む方へ】
僕のnoteは、社会学系大学院受験生である自分が今、覚えなければならない、そして理解しなければならない社会学用語をメモり書くことを通して定着させることが目的です。間違っている部分がありましたら、遠慮なくコメントください。また、取り扱った内容に関するディスカッションも大歓迎なので、その場合もコメントいただけたらありがたいです。

今日、取り扱うのは「オートエスノグラフィー」

もっとみる

不登校はひきこもりになる??〜データから見るひきこもりのきっかけと意外な傾向

「不登校で家にこもっていたら、そのままひきこもりになってしまう」
「子どもがこのままひきこもりになってしまわないか心配」

さて、今回はそんな
『不登校はひきこもりにつながる説』
を検証したいと思います。

不登校をすると、家で過ごす時間が増えるケースがほとんどです。
「疲れ果てていて、家で休憩が必要」という場合もあれば、単に学校という「毎日の出かけ先」がなくなったから家にいる、居心地がいいから家

もっとみる

5日目:因子分析(factor analysis)とは?

【記事を初めて読む方へ】
僕のnoteの使い方は、社会学系大学院受験生である自分が今、覚えなければならない、そして理解しなければならない社会学用語をメモり書くことを通して定着させることが目的です。間違っている部分がありましたら、遠慮なくコメントください。また、取り扱った内容に関するディスカッションも大歓迎なので、その場合もコメントいただけたらありがたいです。

今日取り扱うのは「因子分析」です。

もっとみる

160607 過激に「モノにあたる」ことについて

こんにちは。ラジオnoteのお時間です。妙な気分で幕を開けた1日も、もう夕方に差し掛かってしまいました。現在の気温も天気も、朝からほとんど変わっていません。私は今、風呂あがりでTシャツと短パンでこのnoteを書いているのですが、とても心地よい風を感じることができています。

さて、本日の午前中にお送りした投稿を、公開した後、自分で繰り返し読みかえしてみたのですが、みなさん、どう感じたか、私はちょっ

もっとみる