神戸市シンポジウム『2019-2020、アートは異物を受け入れるのか』の中止決定に抗議します

神戸市とTRANS-KOBE実行委員会が主催して、8月18日に兵庫県立美術館で開催されるシンポジウム『2019-2020、アートは異物を受け入れるのか』が中止とされることが2019年8月9日に発表されました。このシンポジウムは今年の9月14日~11月10日までの間に開催されるアート・プロジェクトKOBE 2019TRANS-のプレイベントとして開催される予定でした。
 そのTRAS-の趣旨として、

もっとみる

【記事感想】神戸市、医療スタートアップを応援

同プログラムは、すべて英語(日本語同時通訳あり)で実施され、海外からの参加申込も積極的に受け付けている。昨年は海外スタートアップが半数を超え、全体では237社が集まったとのこと。

記事元:神戸市がヘルステック強化へ、医療系に特化したアクセラレータープログラムの募集開始

積極的ですね。そして国内に留まらずグローバルで考えていることに評価。神戸市、さすがです。どこかの港町とはえらい違いだ。

しか

もっとみる

#4 自分をhugするということ

いまでも先生と呼ぶ間柄の人が何名かいる、
そのなかの一人。

ある女性から、今回は仕事の依頼を頂いた。
普段は英語教室の先生をされていて、実に10年ぶりのやりとり。

そのやり取りのなかで、まさに今日、
いまの私に必要なことを投げかけられて
ブチのめされたことを記録しておきます。

big bear hug
大切な人をhugしよう
自分のこともhugしよう

私は自分のことを、どこかいつも足りない

もっとみる

公(パブリック)と私(プライベート)〜行政のデザインは公平性から先進性へ

こんにちは。 三連休も企画書作成にあけくれております、もとこです。
さて、先日たまたま見つけた、奈良県生駒市のこちらのサイト。

生駒市トップページの右の画像に注目。

す、すごい。まるで『北欧くらしの道具店』みたい。
生駒市さんは、5年ほど前からわたしが手がける『小豆島カメラ』にコンタクトをくださったり、『長浜ローカルフォト』の視察に来られたりと、シティプロモーションに熱心な地域だと存じていまし

もっとみる

マッピングパーティー@妙法寺

子どもが主役!
妙法寺でマッピングパーティー

大前光市さんの講演会が終わって間もなく
準備に入ったのが「マッピングパーティー」。

自分たちの町を車イスで移動したら
どんな発見があるだろう?をテーマに

実際に車イスに乗ってみたり
身障者の方と触れ合いながら
グループに分かれて町探検✨

お買い物時の困り事、道の凸凹や狭さ…
直面した問題を解決するにはどうすればいいだろう?

最後に、各グループ

もっとみる

#3  ホームページを制作しました

淡河宿本陣跡という江戸時代からの歴史建造物が
神戸三宮からバスで30分のところにある。

あの、海と山の挟まれ、お洒落でモダンな雰囲気の神戸から
たった30分で、ぐんと雰囲気は変わる。

そこいらに田んぼが広がり、マンションもビルもない。
山の谷間にあるのが淡河(おうご)。
その割と中心部に、淡河宿本陣跡はひっそりとある。

元は、参勤交代へ行く大名の泊まる宿場でもあったらしく、
広い広い座敷に縁

もっとみる

スタートアップと区役所の職員が本気で協働したら、子育て世帯に刺さりまくったわけですが

ども、アーバンイノベーション神戸の中の人、Qです。

今日は、神戸市の9区の一つ、長田区での取組についてご紹介します。先に成果を書いてしまうと・・・4か月の実証実験で、イベントの参加者は4割以上UP、利用者の98%が満足、「全国にあったらいいのに」といったかなり前向きな評価をいただきました。

透明・参加・協働のアーバンイノベーション神戸の仕組みが少しでも伝われば。

・・・おさらい・・・

 「

もっとみる

マクドナルドに小躍りする妻。

こんにちは、kenichiです。

イキナリ突然ですが、皆さんは外食をよくされるでしょうか?

よく外食をする、何カ月かに数回外食をする、ほとんど外食をしないとかその頻度はもちろん皆それぞれだと思います。

我が家はというと外食に行くことがほとんどありません。ほんとにたまに行くぐらい。

家ゴハンが良いってのもあるんですが、娘もまだまだ小さいし行ける飲食店のお店も限られてくるしな~?!どうするべ〜

もっとみる

トレンドは川崎なのか?

派遣法が一変させた都市・川崎 

 マイナビニュースに寄稿した”連載 あの駅には何がある?登戸駅後編”では、登戸駅周辺に存在する多摩川や生田緑地などを紹介した。前編では、日本を震撼させたカリタス小学校の事件に触れながら登戸駅界隈を解説した。今回は、多摩区がピクニックタウンを称する部分にスポットライトを当てている。

 川崎市といえば、一昔前に日本の工業を担う京浜工業地帯があるために工場街というイメ

もっとみる
スキ、ありがとうございます。フォローもしていただければ幸いです
2