「死にたい」を救ったのは、小さなマウスピースだった――気分障害と睡眠時無呼吸症候群のハナシ

家のベランダから飛び降りるか、「死にたい」とツイートするか。

四月も半ばの真夜中、私は突然にその二択に迫られた。

私は完全に壊れてしまった。

そんな私を救ったのは、医学の力――睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療だった。

私は医療関係者ではないが、同じ症状に苦しむ人のため、筆を執ることにした。

※こちらの記事は実体験から医療機関へのご相談を勧める記事です。

「自分もそうかな?」と思われた

もっとみる

医療市民マイスターという役割と募集について

昨日行ったのは、加須。栗橋のある久喜市のお隣でした。

この日読んでいた本が、こちら。

で、久喜に着くか着かないかのところで、中島みゆきさんの糸の歌詞が、この本の文中に出てきました。

縦の糸はあなた
横の糸はわたし
織りなす布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ドキーっとしました。

今から8年位前、私は医療不信の強めの方と会うことが多くあったのです。
医療機関から遠ざかり、医療不信を強めて

もっとみる

医者を辞めた理由

アサが強い揺れに目を覚ました時、通路を挟んで反対側の席に座るネズミは新聞を読んでいた。窓の外には絵の具を溶かしたような不自然な青さの海が広がる。ネズミ側の窓から見えるのは、延々とつづく砂の山脈。アサは靴を脱いで両足を前の座席に投げ出し、もう一度ネズミを見た。ネズミは新聞から目を離さない。アサは大きく息を吐く。ネズミが何者なのか分からないが、元の世界に帰る方法を知っているのはネズミに違いない。何か手

もっとみる

プレ・エリートの話・その1

夏っぽくなってきましたね、暑さに弱いので体力が続くといいなぁと、感じる季節です、おはようございます。

中産階級のエリートについて。

中産階級のエリートってなんだと思いますか?私が小さい時に無かった職業が、この10年で爆発的に増えたと思います。ここでは、ちょっと前の中産階級のエリートの話をしたいと思います。

大まかに分けると、資産家、中産階級、労働階級に分かれるというけど、正直言って、働かなけ

もっとみる

第五夜 キラキラを拾う言葉

こんばんは D.Anteです。

今回は私の人生を変えてくれた一言を紹介しようと思います。

看護の考え方、働き方や人生に活かすところまで書きます。

よかったら読んでみてください。

「よくチーム医療って言うけど、周りの職種がどんな仕事か知ってる?」

医療の世界では、患者を中心に、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士、保健師、助産師など、あげ始めたらキリがな

もっとみる

dr.kazukichi@カズキチ外来 note初めました。

"If today is the last day of your life"
「今日があなたの最後の一日です。」
と言われたとき、あなたはどのようにして1日を過ごしますか。

大切な家族と一緒にいたい、海外旅行に行きたい、今している事業を完成させたい
など人それぞれだと思います。

私は、リハビリテーション科の医師として、多くの患者さんが、脳梗塞後、運動機能が下がり、不自由な生活を余儀なくされた

もっとみる

第一章 - 八つの腎臓の町10

「腎臓の養殖!?」
 医者とネズミの声が揃う。ベッドの上に横になったレリは黙ったままだ。
「見て」
 アサはレリの内臓を映した布の一部を指さす。
「この嚢胞の並びを見て気づかなかった?彼女自身の腎臓二つを除いた六つ全部に、嚢胞が八個ずつ。位置も大きさもほぼ同じ。こんなに完全に同じ並びで嚢胞ってできるもんなの?明らかに人工的でしょ」
「腎臓の養殖っていうのはどういうことでしょう?」
 ネズミが聞く。

もっとみる

第一章 - 八つの腎臓の町9

翌日の午後二時、アサはネズミと一緒にレリを待っていた。場所は大きな猫の石像が立つ広場。軍服を着た猫が、左手を大きく斜め前方に突きだしている。石像を中心に十字に道が広がる、見晴らしのいい広場だ。通りの向こうからかごを引いた自転車タクシーがやってくる。かごに乗ってるのがレリだ。自転車はアサとネズミの前に止まり、アサはレリの手を取って、彼女がかごから下りるのを手伝った。表情を見ると、昨日よりも体調は良さ

もっとみる

想いよ、届け! 〜 現役理学療法士の私が、地方FMラジオで番組を作る理由 〜

人が何と言おうと構わない。

私は、自分が正しいと思うことを、自信を持って実行していく。

    ***<  目次  >***
1. はじめまして
2. あの冬、私は
3. 新たな挑戦
4. 人が動く仕掛けづくり
5. 父と母に学ぶ! 人が動くとは
6. なぜラジオ!?
7.最後に

1.はじめまして

はじめまして、かわむーといいます。

わたしは普段、病院の集中治療室というところで働く理

もっとみる

【レポ】もくもく会@鹿島田Days

ちょっと前、いや1か月近く前なんだけど、もくもく会に参加。
もくもく会ってこんなやつ(https://www.facebook.com/way.back.mokumoku/
「あとで感想noteに書きます!」と言って早数週間経ってしまったので…
というわけでもろもろ。

概要

▶当日スケジュール
・自己紹介とか今日やりたいこととかの発表
・もくもくタイム
・成果発表とネットワーキング(雑談)

もっとみる