私の回復じかん

回復魔法「ホイミ」のすゝめ

ここのところ、だいぶ疲れている。心身ともになかなかにしんどいなあと思う時もある。だから、少しずつセルフ「ホイミ」を実行している。

「ホイミ」とはドラクエに出てくる回復魔法。

最近具体的にやってみた「ホイミ」は、とにかく寝る、ひとダメソファに身をうずめる、何でもいいから1,000円分豪遊する。

ちなみに、1,000円分の豪遊は何をしたかというと、回転寿司で1,000円以内ですきなものを食べてき

もっとみる

不思議な力に頼る、寝る前の回復じかん

以前soarのキャンペーンでやっていた、♯私の回復じかんのハッシュタグをよく追っていた。みんないろいろな形で自分に合った回復方法を見つけていて、「試したい」と思うものもあれば、「確かにこの時、自分も回復しているよなぁ」と気づきを得られるものも。そして何より、「これで回復する!」が分かっているっていいことだよなぁと、ツイートしている人たちがたくさんいることにほっこりしたりもした。

一方で、自己回復

もっとみる

あなたはブレーキ派?アクセル派?

「疲れてる?」

 ここ数日、何人かにそう聞かれた。わたしとしてはそれほど疲れている自覚はなかったのだが、そう聞かれて、ふっと五感全体を自分自身に集中させたとき気がついた。

「あ、わたし、割と疲れてるな」

 昔からそうなのだが、わたしは自分の疲れに無自覚だったり気がつくのが遅かったりする。一度集中し始めると、なかなか止まらない。学生時代も、レポートや卒論が波に乗り始めると、文字通り寝食を忘れて

もっとみる

あまりにも窮屈なので

【窮屈】とは、
・空間や場所にゆとりがなく、自由に動きが取れないこと
・思うようにふるまえず気詰まりであること
・形式張って堅苦しいこと、融通のきかないこと
・物や金が不足してままならないさま
                     (※コトバンクより引用)

***

私は性格上、窮屈なのは好きじゃない。学生の頃からずっと、干渉されるのも距離感が近いのも苦手で放っておいてほしいタイプ。

でも

もっとみる

金曜の深夜は、気持ちよく月曜を迎えるためにある。

"よし、今週も頑張るぞ!"とついさっき月曜の朝を迎えたはずなのに、気づいたらもう金曜の夕方だ〜なんてことはよくある。

寧ろ、毎週このパターン。

働くのは、人よりも好きな方だと思う。

でもだからってたのしいことばかりじゃない。落ち込むことなんて日常茶飯事だし、ストレスだって溜まる。

平日は家のことより睡眠時間を優先して、ソファーには畳んでない洗濯物が山積みだし。ハゲたネイルを塗り直す余裕もな

もっとみる

大丈夫よ!の回復じかん

不安になったとき、気分の波で心がやられたとき、それ以外でもできるだけ穏やかな気持ちでいるためにしていることです。

・日記を書く。

私は毎日寝る前に日記を書いています。寝る前でなくても、気持ちがぐちゃぐちゃになったときは日記を書くことがあります。自分の気持ちを整理して、自分を客観的にみることができ、気持ちが落ち着きます。

・絵を描く。

絵を描くことがとにかく好きだからです。楽しい気持ちになり

もっとみる

回復じかん。

よくイベントや活動説明会にお邪魔させていただいているメディア『soar』さんで、#私の回復じかん というキャンペーンが行われている。

夏季休暇に入ってるとはいえ、実はそんなに暇ではない。結構あちこち動き回ったり勉強会に参加してるのもあって、忙しくも充実した時間を送れている。

そんな中でここ最近思うのは、身体の疲れ・痛みがどれほど自分の生活に悪影響を及ぶすかという事。
実は完全にオフの日も何日か

もっとみる

私を取り戻していく 回復の時間

私は私を回復させるために、何をしているのか。
整理してみたくなった。
soar teaが飲んでみたいなという下心もあるけれど。
買えばいいので、欲は出さずに。

あわよくば、私の方法の一部が、
誰かのストレスコーピングに役立てばいいなと思っている。
ストレスコーピングには「取るにたりないような方法」
が沢山あるのが大事だから。

私も、他の方の #私の回復じかん を見て
取り入れている。
とにかく

もっとみる

私が私のために祈ること 回復のはなし

「なんでもっと自分のための祈りみたいにできないの」

私は、ある映画監督に言われた。新宿三丁目から新宿駅のほうに向かう道の途中だった。その瞬間、丁度、私の左にはラーメン屋があった。

私は自分のために祈れない。

だって「相手のために」「相手に尽くせ」と言われるでしょ。それが良い俳優の条件みたいに言われるでしょ。「自分のため」なんて言ったら、自意識と言われるでしょ。

小学生のとき、授業参観で班対

もっとみる

朝の1人時間が、大事な私の回復じかん

ステキなハッシュタグと出会ったので、「私の回復じかん」について考えてみることにした。



私の回復時間は、「1人の時間を満喫できる早朝」だ。

朝5時に起きて、まだ夫も子ども達も誰も起きていない中、1人でひたすらテレビを見る。
大好きなアニメだったり、そのクールでハマっているドラマだったり、バライティのときもある。

誰にも邪魔されずにテレビを見る時間が、私にとっての回復。



3人の子ど

もっとみる