デザインにありとあらゆる学問が必要な理由。

どうも、やまかず です。

大学の授業で過去に「デザインはあらゆる学問と繋がっている。エンジニアリング・人間環境科学・ファイナンス・などなどと..。」というような話を聞いて、僕は「???」という感じでした。僕の認識では、デザインは問題解決か、装飾的に良くすることのどちらかであって、他の知識が必要だとは思えませんでした。でもある本を読んでると、必要な理由ってこれじゃね..っていう仮説を思いつきました

もっとみる

エクスキューションの力

こんにちはやまかず です。

エクスキューションとは、「実行」という意味で、アイデアを実現させることを言います。様々なこれまでの経験を見てると、クオリティが高く、すごいものはエクスキューションの力が強く、一切妥協されてないように思ったので、そのことについて参考事例とともに話したいと思います。

Interior Lifestyle tokyo 2019

このイベントは、デザイン性の高いアイテムを

もっとみる

本から生み出された表現

多摩美術大学統合デザイン学科 中村勇吾・菅俊一プロジェクトの4年前期課題展を行います。タイトルは「本から生み出された表現展」です。
是非お越しください。
場所:多摩美術大学上野毛キャンパス1-104教室・地下ギャラリー
会期:2019年7月27(土)〜29(月)9:00〜17:00
入場無料

で、冒頭の画像は、告知ポスターのメインビジュアルとなっています。こちらにビジュアルに使用するため、学生に

もっとみる

そのデザインは課題を解決しているか。

どうもこんにちは、やまかず です。

現在多摩美の統合デザイン学科にいて、僕も含め、与えられた課題を解決できているのかどうかって視点がかなり少ない人が多いと思ったので書きます。

課題を解決してるかどうかが最も重要。

そもそもデザインは「問題解決」をしなければなりません。クライアントの依頼に対して、適切かつ美しい回答をすることが良いことだと思っています。ただ、学生の傾向としては、「美しさありき」

もっとみる

分かりにくさと分かりやすさのコントロール

多摩美術大学統合デザイン学科に在の、やまかずと言います。
大学で学んだ良いことがあったのでシェアします。

個性を作る文化 / 削る文化

僕は、過度な個性はある一定の人にはウケるけど、殆どの人はダサいと感じると思っています。なぜかというと、個性が少ないものと比べて、認知負荷があるからです。脳にとってはそっちの方が処理が楽なので、そういうものを良いとするシステムになってると思ってます。
ただ人間は

もっとみる

不器用の美 | 自然の美

なぜ不器用さに美を感じるのか

今日、僕の通っている多摩美術大学統合デザイン学科のある授業(今日は深澤直人先生。)で、「民芸には、不器用さに美しさを見出すということがある。」というような話がありました。確かに、旅行先の小さなおみやげ屋さんで売られている陶磁器・漆器などの工芸品には、テクノロジーでハイレベルに規格化された商品からは感じられない不器用さや、人間味、クラフト感があり、それに僕は良さを感じ

もっとみる

観察スケッチ01(Violin)

インスタグラムに #観察スケッチ #sketch #drawing #violin としてアップロードしたこの作品。B3パネルに水張り、チャコペン黒2B HB 白Soft+ティシュで描いてます。

多摩美術大学の統合デザイン学科の描写の課題でこれを描いてます。
課題文 楽器をスケッチする

Twitterにも投稿しています。

今度は短い時間でペンとかを使用してかこうと思います。

最後に全体図。

もっとみる

終わりを感じさせるデザイン

(これからする話に自信はありますが、あくまで推測です。)

今日、映画館で『ブラックパンサー』を見てきました。1週間と半週間で一気にマーベル映画を11作品見て、この度ようやく追いつくことが出来ました。(お金掛かりましたが..どうしても次回作『アベンジャーズ INFINITY WAR』は、映画館で見たいんです!)

そして、帰りに映画館のチラシコーナーで『アベンジャーズ INFINITY WAR』の

もっとみる

"クリエイティブイノベーション"学科への考察

武蔵野美術大学さんは市ヶ谷に新校舎を建てて映像科と新学科設立するらしいと教わった。その教育方針をプレリリースで見て、今興味があることと大きくリンクしていたのでnoteで考察します。自己分析なので悪しからず。

その名も

「クリエイティブイノベーション学科」

新設される造形構想学部は、この「創造的思考力」を実社会で応用するための具体的な方法を学ぶ、そうです。

入学方法が驚きでした!

新学科で

もっとみる

現代のデザイナー像、「デザイナー2.0」を考える。

箕輪さんの言葉

今凄い勢いのある編集者の箕輪厚介さんが、ある話をしていました。

「本一冊読むような能力は現代人にはないと思った上で、僕は作ってる。」

箕輪さんが編集された本を僕は3冊持ってるんですけど、1冊1日で読めちゃうんです、スラスラーッと読める。何故かなと思ってたんですけど、箕輪さん曰く、箕輪本は改行ごとに1行スペースを開ける編集をしているらしい。確かに見てみると、箕輪さんの本はやけに

もっとみる