道木ジェイミー

多摩美 統合デザイン2年 外人

「造形ツール」とは

多摩美術大学統合デザイン学科3年の道木ジェイミーと申します。

この記事は学校の課題についての考察を整理、公表する為に書いたものです。

課題文はこれです

なんらかの身体的な行為を介して、コンピューター空間上に「かたち」を生み出す、新しい造形/描画ツールを企画・制作してください

これが今、私が取り組んでる課題のテーマです。

今回はこの中でも特に「造形/描写ツール」について考えを深めたいと思い

もっとみる

ジョブズよりも重要なアップルの天才デザイナー /ジョナサン・アイブ

本書は、イギリス生まれの天才デザイナーにしてAppleのCDO(Chief Design Officer)のジョナサン・アイブ氏の自伝である。

12年以上アップルを取材し続けるジャーナリストであるリーアンダー・ケイニー氏が、アップル関係者やジョナサン・アイブ氏(以下ジョニー)の関係者を当たって、秘密主義で隠されたアップル社の中にいる天才デザイナーの正体を追った一冊である。

勤勉さがジョニーの才

もっとみる

臆病者が何かを始めた試しはなく弱者は生き絶え残ったのは私たちだけだ。

SHOE DOG 靴に全てを

本書はナイキの創始者フィルナイトの自伝である。彼が大学をでてからオニツカタイガーの輸入業者ブルーリボンを立ち上げてからナイキを立ち上げるなど、彼の人生の捧げた靴の話がなんと400ページ超も書かれている。

勝利への飽くなき欲求

本書400ページ超もある中で、著者のフィルナイトが一貫して伝えたいメッセージが存在する。それが勝利だ。どのページにおいても勝つこととは何か

もっとみる

若きアーセナルとグエンドウジ 今後の成長が楽しみだ

マンチェスターシティ相手に2-0で完敗。完成度と選手層の差を思い知らされた。

未完成なアーセナル

ビルドアップの段階で連携ミスやパスミスを連発し、GKのチェフは足尾の技術に不安が残る。かつ左サイドバックの相次ぐけがの中で大抜擢されたメイトランド・ナイルズがこの試合で左腓骨骨折で6~8週間の離脱を強いられ、選手層の薄さが指摘されている。これも守備に重きを置かなかったヴェンゲルの弊害が現れた形だ。

もっとみる

マツダというローカル会社から世界一の車のデザインを作った男

本書は世界的な賞をいくつも獲得したマツダの物語と、マツダデザイン部門最高責任者である前田育男氏によるデザインやブランディングなどの、ものづくりについて言及されている本である。

フォード傘下から離脱したマツダに前田氏が久しぶりの日本人デザイン部門トップに就任し、迷走していたマツダのデザインを見つめ直し、「魂動(こどう)デザイン」というブランドコンセプトの元、再発進する話がメインストーリーとして記述

もっとみる

noteはサッカー記事が全然読まれない・・・サッカー好きがnoteやってないのもあるけど為になるような事書いてると思うしなんかもっとなんとかできないものか・・・