近代的立憲主義

ワイマール憲法(1919年 ドイツ国憲法) 条文

ドイツ国憲法 ( 大正8年 ( 西暦1919年 ) 8月12日公布 )

第1篇  ドイツ国の構成および権限
第1章  ドイツ国および各邦 (第1 ~ 19条)
第2章  国議会(ライヒスターグ) (第20 ~ 40条)
第3章  国大統領および国政府 (第41 ~ 59条)
第4章  国参議院(ライヒスラート) (第60 ~ 67条)
第5章  国の立法 (第68 ~ 77条)

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。

スターリン憲法(1936年 ソ連憲法) 条文

ソヴェート社会主義共和国連邦憲法 ( 基礎法 )

( 昭和11年 ( 西暦1936年 ) 12月5日 公布 )

第1章   社会機構 (第1 ~ 12条)
第2章   国家機構 (第13 ~ 29条)
第3章   ソヴェート社会主義共和国連邦国家権力の最高機関 (第30 ~ 56条)
第4章   連邦加盟共和国国家権力の最高機関 (第57 ~ 63条)

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。
1

山本太郎 自由党 共同代表が、街頭演説会で「#国民投票法 の問題点」について解説。

2018年10月6日(土)、山本太郎 参議院議員(自由党 共同代表)の街頭演説会が京成上野駅前で行われました。

 聴衆から、山本太郎 氏に対し、憲法改正に関する質問がされ、山本太郎 氏は、質問への回答の中で、国民投票法の問題点について解説しました。

 文字起こしを下記に記載します。

■ 山本太郎 氏(自由党 共同代表)@yamamototaro0 の回答

2つ目、ご質問頂いた内容はですね、

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。
5