題... 日本国民には三つの義務がある

◆ 日本国憲法では、国民の三大義務として“教育・勤労・納税”を謳っています。

 すばらしい。私は、何のために“憲法”があるのか正しく理解できませんが、これがわが国を維持していくために大切なことだろうというのは、わかります。[ #日本国憲法]

 ちなみに、“大日本帝国憲法”の時代は、“勤労”ではなく“兵役”を謳っていたようです。[ #大日本帝国憲法]

 それはそれで、当時の“富国強兵”をビジョ

もっとみる

忘れられない名言 ~盛岡地裁編~ その1

裁判というのは、非常に厳粛な空気のなかで行われる。そこで珍妙な言葉を突然耳にすると、まず戸惑い、その後は徐々に込み上げてくる笑いとの闘いになる。裁判官、書記官、検察官、弁護士、よく誰も笑わないでいられるなと思う。これが「司法と市民感覚の距離」なのではないか。もしくは「畳の目を数える」じゃないけど、笑わないための先人の知恵かなにか、マニュアルあるんでないの?と疑ってしまう。

そんな、小市民の私に強

もっとみる

会社のレベルが低いとわかるドキュメント

こんにちは、いづつです。会社の先輩と話していたらため息が出るエピソードを聞いたのですが、他社でもあるあるだと思うので書いておきます。

■紙切れの誓約書

  先輩が、ある日突然「競合に転職しない」という内容の誓約書にサインさせられたそうです。たぶん最近競合へ転職する人がいたからだと思うのですが、なんとも情けない会社だこと。私も過去の転職時に去る会社に同じようなドキュメントにサインを要求されたこと

もっとみる

2019.8.10 日本国憲法が歪んだ瞬間

「日本国憲法では自衛のための軍力を持ってもいい」

1950年1月1日
GHQの最高司令官マッカーサー元帥のこの発言が、日本の方針を180度転換させました…。

この発言から4年前、憲法について
「日本は自国を守る戦争も行わない」
と発言していた当時の首相だった吉田 茂は、1ヶ月も経たないうちに、
「自衛権が存在するのは明らかだ」
と手のひらを返しました。

さらに、その約半年後、マッカーサーの指

もっとみる

良書。日本国憲法について意見するときはこちらを読んで理解してからにしたいし、政治家含め他の方々にもそうしていただきたい。
分かりやすく、正確に書かれている。

【日本国憲法をぶっ壊す!】オリラジ中田敦彦の憲法改正問題のYouTube動画が素晴らしかった

一時期、とりぷろ96に改名してたトリプロデューサーです
まあ、しっくり来なくて速攻で名前戻したんですけどね

とりぷろ96の96は、日本国憲法第96条を改正してほしいという思いから付けたんですよ
で、いまもその思いは変わってないわけですが
名前戻してるくせに、そこは変わってないですw

さて、オリエンタルラジオの中田敦彦さんが、YouTubeチャンネルをやってることを知りまして
そこで憲法改正問題

もっとみる

青葉真司容疑者と入院中に携わった医療スタッフの対応を照らし合わせる

#青葉真司 容疑者の現在の容態は

取調べに対応できないほど意識がほぼない状態であるが、最悪死に至る場合がある

という予断を許さない状況から捜査が難航している。

35名の死者を発生した大事件から  #ヲタク をはじめとしたアニメファンだけでなく、誰もが事件を解明して欲しいと願っているどころか、

同様な事件を起こした #川崎通り魔殺傷事件#岩崎隆一 容疑者みたく、加害者死亡の形で

もっとみる

⑲プシケ(魂魄)【文化継承】失魂落魄ならぬもの

文化に触れる 

それは 毎日のことでした

そんなこと考えもせず 生活を送る

意識したことないもの

大抵はそうよね

お祭りや結婚式やら

演劇、美術に触れた時

何やら しみじみと思うところかしらね

日常生活の中に てんこ盛りありました

文化

お盆や七夕になると 御先祖さまを想い

お祭りに意識が向くのよ

とても良い機会です

気をそこに向けること 大切なことだもの

私には 代々

もっとみる

映画エッセイvol.12

誰がために憲法はある

あらすじ

芸人・松元ヒロが舞台で演じ続けている1人語り「憲法くん」をベースに、日本国憲法とは何かを改めて見つめなおすドキュメンタリー。戦後35年目にあたる1980年、初恋の人が疎開先の広島で原爆により亡くなっていたことを知った女優の渡辺美佐子が中心メンバーとなり、ベテラン女優たちと33年にもわたり続けてきた原爆朗読劇が2019年で幕を閉じる。鎮魂の思いを込めて全国各地を回

もっとみる

政治的であることと法的であることの混同は許されない

条約が憲法より法的に上位にはありません。政治的に上位にあるように見える日米安保を法的な改憲をすることは解決にもなりません。むしろ、日米安保は憲法に照らして法的にどうなのかという議論を詰めることです。政治的であることと法的であることの混同は許されません。
日本国憲法に規定された法治国家日本は「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。」と明記されています。で

もっとみる