こすもす公園

釜石への短い旅の最後に
こすもす公園に寄った。

公園、っていっていいのか、
藤井了さんサエ子さん夫妻が私財を投じてつくった遊び場。
誰でも入ってきて遊ぶことができる、
私設だけどパブリックな空間。

東日本大震災では、
平らで広いところには次々と仮設住宅が建てられた。
学校や幼稚園、保育園の運動場も、
なくなった。

藤井さんたちは、コスモスの花畑を眺めながら食べられる
農家レストランを営んでい

もっとみる

鵜住居スタジアム

鵜住居スタジアムはほぼ満員だった。
1万3000人。

9:00の新花巻駅では、
駅の出入り口からローカル線のホームまで100m、
人が4列になって並んだ。

その乗客は、釜石線に乗って釜石駅まで行ったが、
接続する三陸鉄道には、誰一人乗れなかった。
すでに、乗車率200%だったから。

街なかでパブリックビューイングもするからか、
釜石はラグビーを楽しむ格好をした人たちで溢れていた。

「溢れて

もっとみる

行くぜ釜石!

ひさしぶりにかみさんと釜石に行く。
日本代表とフィジーとの試合。ラグビーだ。

2011年8月。
息子が所属するラグビー部が、釜石で合宿をした。
震災の復興途中の釜石。
まだ、街なかは壊れたままだった。
泥は取り除かれていたが、
瓦礫は残ったまま。

みんな立ち上がってはいるものの、
さてこれからどうしましょうかね、という感じ。

そこに、中学のラグビー部が勢いよく
「こんちは~!!!!」
とやっ

もっとみる

仲見世はハックニー?

リノベーションまちづくりについて、僕が解説するのは誰かの受け売りでしかないので、今まで積極的にはしてこなかった。

しかし、釜石大観音仲見世のリノベーションに関して、地元の人に知ってもらうには、自分で書いたほうがいいのかもしれない。

全国のリノベーションの事例を見れば、法則があることがわかるはずだ。

まずゲストハウス、シェアハウス、シェアオフィス(コワーキングスペース)、そしてカフェなどが空き

もっとみる

復興とその先の社会に必要な3つのキーワード

昨日、釜石の復興フォーラムが終わりました。小泉進次郎議員、元釜石市副市長の嶋田賢和さん、UBSの堀久美子さんとともにパネルディスカッションを実施しました。具体的な事例と、抽象的な理念をともに伝えようと努力しましたが、力不足でした。こちらで、何をお伝えしたかったのかをまとめます。

1.「関係人口」

 釜石では「オープンシティ」というキーワードを総合戦略に掲げており、釜石内外の多様なつながりを地域

もっとみる

あなたにMCとして寄り添います!

こんにちは!さのりえです。

2019年6月に復興支援員「釜援隊」を卒業し
この夏から岩手発の寄り添い型MC、を始めました!

自己紹介とお仕事内容をまとめたので
よければお付き合い下さい(^^)/

□寄り添い型のMCとは① 魅力発掘から発信まで、まるっと寄り添います

MCとは、Master of Ceremonyの略。
つまり「司会者」です。

一方、私の目指す「寄り添い型MC」は
もう少し

もっとみる

《UWC ISAK:釜石プロジェクト》KAMAISHI SCAVENGER HUNT 高校生オーガナイザーの募集!!

こんにちは!岩手県釜石市出身の新田壮吾です。高校から長野県軽井沢町の全寮制インターナショナルスクール「ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン」へ進学し、釜石の関連人口増加を目的とした「釜石プロジェクト」を運営しています。このnoteでは釜石プロジェクトが運営する、「【参加ツアー型体験プログラム】KAMAISHI SCAVENGER HUNT」の高校生オーガナイザーの募集について書きたいと

もっとみる

原体験

小学校1年生の時に、木造平屋建ての実家が建った。

工事中のことで、断片的に覚えていることがある。

「建て前」の時に、ファンタを飲ませてもらったこと。
(普段は炭酸飲料は飲ませてもらえなかった)

そして、父が工事中の現場を見せてくれた時のことだ。

設計したのは父で、おそらく現場にも頻繁に足を運んでいたのだろう。

子ども部屋の壁にプリント合板が貼ってあって、緑色のピンのようなもので留めてあっ

もっとみる

参院選公示翌日に、小泉議員は釜石で何を語るか

先程、参院選が7月4日に公示され、26日に投開票が行われることが決まりました。年金・社会保障中心に論点になると思われますが、現在、自民党で厚生労働部会長を務め、社会保障改革の提言を進めている小泉議員が、7月5日に岩手県釜石で行われる復興フォーラムで基調講演とパネルディスカッションに登壇することが決まっています。

http://www.city.kamaishi.iwate.jp/fukko_jo

もっとみる

壁は人類のアイデンティティ

2日前にsofo cafeの壁を作った。

説明すると長くなるが、なるべく簡単に書くと、sofo cafeになる建物は、蕎麦屋を経営していた前のオーナーから、現在のオーナーが買い取ったものだ。

現在のオーナーは土建業をするかたわら、副業で飲食業をはじめようと考えていた。

震災復興の工事で、他の地域から職人を集め、工事現場に送っていたが、その職人たちが雨の日などで仕事が出来ない日もある。

その

もっとみる